ファッション

気化熱が生み出す音のインスタレーション 赤松音呂の個展「Meteon」

 アーティスト赤松音呂の個展「Meteon」が東京・新宿にあるミヅマアートギャラリーで6月29日まで開かれている。気化熱の原理を利用した音のインスタレーション「Meteon」と地磁気の視覚化を試みた「Chijikigumo」を展示している。

 「Meteon」はMeteorology(気象学)と On(音)を組み合わせた造語。水が蒸発する時に気化熱が奪われて温度が下がり、この時に生じた温度差が音を発するシステムの原動力となる。水の蒸発を気象の現象のひとつとして扱い、ガラス器の内部を架空の惑星に存在する気象環境に見立てた。「Chijikigumo」は、雲のように浮遊する折り重なる輪が、地磁気の存在によって滑らかに旋回するインスタレーションとなっている。

 赤松音呂は、武蔵野美術大学出身のアーティスト。オーストリアの国際的なメディアアートコンペティションであるアルス・エレクトロニカ賞で2015年にグランプリを受賞した。海外を中心に作品展示発表している。

■赤松音呂展「Meteon」
日程:5月29日~6月29日
時間:11:00~19:00
場所:ミヅマアートギャラリー
住所:東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
入場料:無料
休廊日:日・月・祝日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら