フォーカス

ミラノの感動を東京で再び「グランドセイコー」の“ザ・フロー・オブ・タイム”

 セイコーウオッチはアートとデザインの祭典「デザイナート・トーキョー2018(DESIGNART TOKYO 2018)」に参加し、10月20~27日、東京のポリゴン青山で “ザ・フロー・オブ・タイム=時の流れ”のインスタレーションを行った。この展示は今年初参加した世界最大規模のデザインの祭典である「ミラノサローネ2018(MILAN SALONE 2018)」で展示したものを東京で再現したものだ。

日本の美を捉えた映像と
オブジェの共演

 セイコーが持つ独自の機構である“スプリングドライブ”にフォーカスし、ダイナミックな映像とグラデーション状のオブジェが呼応するインスタレーションが登場した。ぜんまいを動力としながら驚異的な高精度を実現し、滑らかな針の動きが特長の“スプリングドライブ”をモチーフに、散る花びらや揺れる水面、太陽が昇る様子など日本の美しい映像で時の流れを表現。グラデーション状のオブジェには200以上の“スプリングドライブ”のパーツが封じ込まれている。暗闇の中に映し出される映像が鏡面のフロアやオブジェに反射し、360度映像に包まれるような感覚に陥る。ミラノで世界発信した感動を再び東京・青山で展示し、「グランドセイコー(GRAND SEIKO)」の世界観をアピールした。

カーブを描く配置と新たな映像

 「ミラノサローネ2018」では450平方メートルの空間でインスタレーションを行ったが、東京の会場ではミラノで直線状に置いたオブジェをカーブ状に置くことによって、展示に奥行きを持たせた。東京での展示ということもあり、セイコーとゆかりの深い銀座4丁目の交差点の映像が新たに加わった。オブジェとインスタレーションを手掛けたタクトプロジェクトの吉泉聡代表は、「弧の描き方もいろいろとこだわった」とコメント。映像を手掛けた阿部慎吾CGディレクター兼デザイナーは、「東京が感じられるように自然に溶け込む映像にした」と述べている。

グローバルブランド
「グランドセイコー」とは

 「グランドセイコー」は最高峰の腕時計を提供するブランドとして1960 年に誕生した。ムーブメントから一貫製造するマニュファクチュールとして、世界に誇れる“高精度”を独自の技術で実現。“スプリングドライブ”もその一つで、時の流れを表すようななめらかな秒針の動きが特長。日本ならではの繊細な物づくりの精神を象徴している。

PHOTOS BY DAISUKE OHKI、SHUHEI SHINE

問い合わせ先
グランドセイコー専用ダイヤル
0120-302-617

あなたにオススメ