フォーカス

「サンローラン」のデザイナーにはエディ・スリマンしかいない

エディがベルジェとドヌーヴに捧げた「サンローラン」

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」のエディ・スリマンの進退について噂は絶えませんが、個人的にはエディに続けて欲しいと思っています。2月にロサンゼルスで開かれたショーのライブ配信を見て、「『サンローラン』にはエディしかいないのではないか?」という感想を持ち、さらにパリで開かれた2つの展示会で服を近くで見てそう思っています。

 LAのショーはまるで、「『サンローラン』をできるのは自分しかいない!」とエディが全身で叫んでいるような印象でした。最後にチラッと登場したエディは髪を伸ばし、若い頃のムッシュ・サンローランをほうふつとさせ、少しギョッとしたほどです。

オートクチュールのような存在感を放つプレタポルテ

 LAは、2016-17年秋冬のメンズに加えてウィメンズの“パート1”の発表であり、パリの展示会で全サンプルを見ました。プレタポルテとのことですが、近くで見るとほぼオートクチュールのような存在感。そして……正直に言うと、少々落ち込みました。なぜかって?それは、疎外感をおぼえたからです。服の向うには、エディと彼が認めた顧客から成り立つ小さく濃厚なコミュニティーが透けて見えて、例えば目の前のスモーキングジャケットを着たとしてもそのコミュニティーにはどうしたって入れない。入らずしてこの服は語れない、そう感じたからです。

 なぜエディはLAを拠点にするのか?パリ嫌いとも、ムッシュにとってのマラケシュがエディにとってのLAだとも言われていますが、それ以上に今のLAにはハリウッドスターの2世など、おしゃれかつ財力があり、このオートクチュール級の「サンローラン」をリアルに着る顧客がいます。そのスノッブなコミュニティーから生まれてくる喧噪がクリエイションの源泉の一つとなっているのでしょう。

 そして思い出したのが、昨年の夏、パリのピエール・ベルジェ イヴ・サンローラン財団で開かれた「イヴ・サンローラン1971」展です。
[rel][item title="【ルック】「サンローラン」2016-17年秋冬パリ・コレクション" href="http://www.wwdjapan.com/collection/look/saint-laurent/2016-17-fw-paris-collection/" img="" size="small"][/rel]

次ページ:賛否両論だったエディのクリエイション ▶

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら