ファッション

「安藤忠雄展」開催 建築界の巨匠のさまざまな挑戦を追う

 日本を代表する建築家の安藤忠雄の作品を展示する「安藤忠雄展ー挑戦ー」が2017年9月27日〜12月18日、国立新美術館で開催される。

 同展では、約半世紀に及ぶ安藤のさまざまな挑戦を5つのテーマに沿って紹介する。1つ目のテーマの「原点=住宅」では、建築の原点にある住宅にフォーカス。初期の代表作である「住吉の長屋」から近年の海外住宅作品まで、100以上の作品を公開する。「抽象化された自然」では、安藤建築の特徴でもある、造形のシンプルさに光や風などの自然を映した「光の教会」の空間を再現する。「余白の空間」では、自らを“都市ゲリラ”と称した安藤が一貫して試みてきた余白の空間を創造し、人の集まる場所を生み出した作品を展示。「風景の創造」では、近つ飛鳥博物館や淡路夢舞台など、大自然に包まれた立地での建築作品を公開。「記憶の継承」では、歴史的建造物の再生にも挑戦していた安藤のさまざまなプロジェクトを紹介。ベネチアのプンタ・デラ・ドガーナ(海の税関)やパリのブルス・ドゥ・コメルス(穀物取引所)が登場する。作品は、スケッチやドローイング、建築模型、映像、写真などで紹介し、「光の教会」の原寸モデルは野外展示として登場。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら