ニュース

銀座再開発計画 ソニービル建て替えで2022年に新ビル

 ソニーは、同社のショールームやプラザなどがある東京・銀座のソニービルを取り壊し、リニューアルする事業計画「銀座ソニーパークプロジェクト」を発表した。2017年3月31日に営業を終了し、跡地は18〜20年までイベントスペース「銀座ソニーパーク」として活用する。「銀座ソニーパーク」は、解体後の地上部分をイベントなどを行うオープンスペースとして運営。地下フロアをソニーグループのショールームや飲食、物販用のスペースとして営業する。敷地面積は、約707平方メートル。20年秋以降に新しいビルの建設を始め、22年秋に新ソニービルとして営業を再開する予定だ。

 営業終了に先立ち、ソニーショールームやソニーストア銀座、ソニーイメージングギャラリー銀座は、9月24日に開業する「銀座プレイス(GINZA PLACE)」(銀座四丁目交差点前)に移転する。現ソニービルの退去後のスペースは、3月31日の営業終了まで、ソニー商品やソニービルの歴史を振り返る写真の展示、トークショーなどを行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら