ファッション

元「クリスチャンダダ」の森川マサノリが新ブランド「ベイシックス」を始動 

 「クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)」元デザイナーの森川マサノリは、ユニセックスブランド「ベイシックス(BASICKS)」を3月に立ち上げた。ブランド名は、スラングで「格好悪い」を意味する“BASIC”と、「格好いい」の“SICK”を掛け合わせた造語。“循環”をテーマに、ファーストコレクションはデニムジャケット(2万7000円〜)やシャツ(2万3000円〜)、Tシャツ(8800円〜)、パンツ(2万円〜)など30型をそろえる。ベーシックなデザインに白のステッチワークが特徴だ。販売は自社ECと卸を予定している。サステナブルな取り組みの一環として、環境に優しい素材をほとんどのアイテムに使用する。また自社ECの余剰在庫は廃棄せず染めや加工を施して再販し、“循環”させるという。

 森川は2010年に「クリスチャンダダ」を設立。日本やヨーロッパを中心に人気を集め、熱狂的なファン通称“ダダラー”が出没するなど、カルト的な人気を誇った。13年に「DHL デザイナー アワード」を受賞すると、14年にはシンガポールの企業ディーリーグ(D’League)グループの傘下に入る。15年に毎日ファッション大賞新人賞を受賞し、16年にはパリの公式スケジュールでコレクションを発表。20年に同ブランドを休止し、新ブランド「ベイシックス」を自己資金で立ち上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら