1. ファストファッションが日本で絶不調の理由とは?

ファストファッションが日本で絶不調の理由とは?

連載 三浦彰のニュース解説 コラム

2018/7/11 (WED) 12:00

 「WWDジャパン」のご意見番、三浦彰・編集顧問が、最新号の中から気になるニュースをピックアップ。その見どころを解説します。今日は7月9日号から。巻頭特集は「2019年春夏メンズコレクション速報 vol.2」です。

「H&M」が銀座店を閉店 (P4)

 7月16日に「H&M」銀座店が閉店になるというスクープだ。その一方で「H&M」は6月1日にはイオンモール船橋店、6月15日にはイオンモールいわき小名浜店をオープンし、7月20日にはイオンモール熊本店をオープンする。イオンモールいわき小名浜店とイオンモール熊本店はそれぞれの県で初になる店舗である。出店施策が変わったということだろう。確かに2008年9月13日にオープンした銀座店は、同ブランドにとって初上陸&初店舗だったということにとどまらず日本にファストファッションブームをもたらした記念碑的な店舗ではある。記念碑的ではあるが、どうも赤字店舗のようだ。同店約300坪の家賃は、この記事では08年時点で300坪×月坪家賃20万円×12カ月=7億2000万円と推計しているが、今回10年契約を更新するとなると、20万円は少なくとも22万円にはなっているだろうから、年間家賃は7億9200万円。家賃比率が年商の25%とすると、採算分岐点は31億6800万円。とてもあの店で年間31億円の売り上げは無理だろう。とにかく、「フォーエバー21(FOREVER 21)」原宿店閉店(09年4月オープンで17年10月15日に閉店)に次ぐニュースだが、ファストファッションは日本のみならず、「ザラ(ZARA)」を除けば世界的な退潮傾向にある。その「ザラ」とても、日本では今春になって大きく前年を割っているというから、かなり深刻だ。原因は、ローカライゼーションを怠ったツケという見方が一般的である。

オンワードとストライプが戦略的提携(P7)

 こりゃ、ちょっとドッキリのニュースだ。お互いのECサイトに、それぞれ得意分野のブランドを出店する。考えてみれば、どちらにも損のない話ではある。しかし、例えば40〜50代女性がストライプ インターナショナルのモールであるストライプデパートメントをのぞいたりすることがあるのだろうか。どういう効果が出るのかその行方に注目ではある。ストライプ インターナショナルの石川康晴・社長はこの戦略的提携というのが大好きで最近はアリババと組んでみたり、いろいろと互恵関係の構築に尽力している。一方、オンワード ホールディングスも中国人インバウンド狙いでラオックスとの戦略的提携を行ったりしている。敵はすでに業界内にはいない。「アパレル不況」こそ真の敵。成果は今後大々的に出てくるのだろう。

「フレッドペリー」のヒットユニオンが帽子ブランド「カシラ」を買収(P7)

 表参道の「カシラ(CA4LA)」の旗艦店はいつのぞいてみても購買客がキレなくて、たぶん年商3億〜5億円(大ザッパで失礼)の繁盛店ではないかと思っていた。しかし、今回のヒットユニオンによる買収。内情に詳しくないからいい加減なことは書けないが、経営が楽ではなかったのカシラ?後継者がいなかったのカシラ?といろいろ考えている。そういえば、「WWD JAPAN.com」に記事が載っているが、帽子と言えば代名詞みたいになっている「ボルサリーノ(BORSALINO)」も経営不振に端を発し、破たん後投資会社の傘下に入った。キャップはいいが、ハットは難しいのだろうか。それはともかく、腰を抜かすほど驚いたのは「ボルサリーノ」の年商。なんと1750万ユーロ(約23億2000万円)。「カシラ」よりずっと少なかった。




 

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「モンベル」が作ったインナーダウンという当たり前

    トレンドインタビュー
  2. ヴァージルが手掛ける「ルイ・ヴィトン」2019年春夏メンズの注目アクセ10選

    コラム新作コレクション・レポート
  3. 伊ダウン「ムーレー」 伊藤忠と共に30億円ビジネスを目指す

    企業動向オープンインタビュー
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true