「ルイ・ヴィトン」がスマートウオッチ市場に参戦!

トレンド新作

2017/7/10 (MON) 23:00

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は7月11日、ブランド初のスマートウオッチ“タンブール ホライゾン(TAMBOUR HORIZON)”を発売する。価格はベルト付きで27万7000円〜。いずれも42mm径で、ステンレススチールケースとブラックPVDの全3種を用意した。表参道店や松屋銀座店など、主要ブティックで販売する。

 時計マーケットに参入した際に発売し、今年15周年を迎えた基幹ライン“タンブール(TAMBOUR)”のケースを採用し、最高レベルの液晶を搭載。アンロック画面やバッテリー残量確認画面、着信通知などには、アイコニックなイニシャルやモノグラムが現れる。スマートウオッチはグーグルと提携し、他社の時計同様、OSにはアンドロイド ウェア 2.0を搭載。アンドロイド・ウェアとLVパスという、2つのアプリをダウンロードして使用する。

READ MORE 1 / 2 パーソナライズの幅、どのブランドよりも広く


好みのフェイスを選んで

 これまで「ルイ・ヴィトン」が発表してきた“タンブール”や“エスカル タイムゾーン” “エスカル スピンアウト”などさまざまなフェイスが選べるが、どの文字盤を選んでも、世界の複数の地域の時刻を表示するGMT機能付き。サブダイヤルには、好きな機能を選択することも可能だ。さらに「ルイ・ヴィトン」のトランクやバッグなどのパーソナライゼーション同様、特定の文字盤中央には好みの色でストライプを描き、最大3文字までイニシャルを入れることできる。

ストラップは自由にカスタマイズ

 ストラップは色とりどりのアリゲーター、“モノグラム”や“ダミエ”モチーフのキャンバス、ラバー、カーフなどを用意。男女合わせて60種類以上のストラップが選択可能で、いずれも簡単に付け替えできる。レザーグッズのモチーフから時計のフェイスまで、バリエーション豊かでアイコニックなデザインを有しているからこそ、多様なカスタマイズが楽しめる。文字盤は今後、さらにバリエーションを増やす予定だ。

READ MORE 2 / 2 旅行をサポートする機能がたくさん


フライトの遅延も文字盤で確認

 “旅”をアイデンティティに持つブランドだけあって、旅行や出張をサポートする機能も満載だ。特に空港では、搭乗するフライトの詳報、搭乗までの時間と空港でのゲート番号、遅延情報などが文字盤上で確認できる「マイフライト」機能が便利。

旅に便利なシティガイド

 さらに「ルイ・ヴィトン」がこれまで発行してきたシティガイドのパリとロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京、北京、そして上海の情報を搭載。文字盤上でオススメの観光名所やレストランの情報が読めて(まずは英語とフランス語のみ)、地図が表示される。当然GPS機能を用いれば、現在地から最も近い観光名所や、その時間にオープンしているレストランやバーなどに候補を絞り込むことができる。アクセサリーは、特別にデザインした充電用クレドールと、それを収めるモノグラムとダミエのクロシェットカバー。さらには持ち運び可能なレザーのケースと、充電用ケーブルを収納するソフトポーチ付きの引き出しをセットにする。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

ニュースランキング

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false