ニュース

「グランドセイコー」が「デザイナート」に出展 ミラノで高評価を受けた作品を披露

 セイコーウオッチは、10月16日から20日まで東京の青山、表参道、原宿などで開催されるデザインとアートの祭典「デザイナート・トーキョー2019(DESIGNART TOKYO 2019)」の公式プログラムとして、「ザ・ネイチャー・オブ・タイム」東京展を開催する。4月にイタリアで行われた「ミラノサローネ2019(MILANO SALONE2019)」に「グランドセイコー(GRAND SEIKO)」として参加した展示をスケールを拡大して再構成し、会場の原宿駅前の商業施設jingで披露する。

 展示するのは“ザ・ネイチャー・オブ・タイム”という作品。「グランドセイコー」が誇る独創のスプリングドライブをモチーフに、「移ろい流れ続ける時間とその永続性」を空間、映像、音などで表現する。TRUNKの桐山登士樹氏をプロデューサーに迎え、幅広いジャンルで活躍するデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」と、ストーリー性のある映像で知られるCGディレクターの阿部伸吾を起用して独創性のある世界観を作り上げる。

 「ミラノサローネ2019」での展示会場は市内の個人邸宅美術館内で、そのクラシックな館内にスプリングドライブによる小宇宙を作って高い評価を受けた。会場ではダイナミックな映像を背に、光の波紋が水面に緩やかに広がる「フラックス」と題された神秘的なインスタレーションのほか、阿部氏による映像作品「ムーブメント」を紹介した。「ムーブメント」ではスプリンググドライブの流れる秒針からこぼれ落ちた光の粒子が観る者をいざない、時に追われる瞬間と周囲の喧騒から解き放つ数秒といった心の小旅行を鮮やかな映像でつづった。

 今回の東京展ではミラノよりもスケールを拡大して展開するもので、「光に誘われる、時の流れの旅」を体感する空間として再構成。会期中はトークイベントの開催も予定している。

◼️ザ・ネイチャー・オブ・タイム東京展
会期:10月16日(水)〜20日(日) 11:00〜20:00
会場:jing
住所:東京都渋谷区神宮前6-35-6
(入場は無料)

◼️トークイベント
日時:10月16日(水)19:00
登壇者:林信之氏(フリージャーナリスト)、畑中正人(作曲家、サウンドデザイナー)
(詳細は公式サイトに掲載)

問い合わせ先
セイコーウオッチ(株) お客様相談室
0120-302-617