ファッション

ギンザ シックスのザ・クラブで「ダイアローグ」展が開始

 ギンザ シックス(GINZA SIX)6階の蔦屋書店内のギャラリー、ザ・クラブ(THE CLUB)で1月20日〜3月24日、ブラジル人アーティストのグループ展「ダイアローグ(DIALOGUE)」を開催する。同展では、世界的に評価の高いミラ・シェンデル(Mira Shendel)やアントニオ・ディアス(Antonio Dias)、彼らに影響を受けた新世代のデタニコ・アンド・レイン(Angela Detanico and Ragfael Lain)の作品を展示。言語が持つ可能性に着目し、音声と意味から視覚を伴うアートへ昇華させたコンセプチュアル・アーティスト3組の作品が生み出す対話が見どころだ。

 シェンデルは1919年スイス・チューリヒ生まれで、20世紀のブラジル・アート界の最も重要なアーティストの一人だ。60年代のコンクリート・アート(具体芸術)ムーブメントなどに貢献し、物質的・文化的、言語学的置換を作品のテーマにし、88年に死去するまで多くの作品を残した。ディアスは44年ブラジル生まれ。現在はリオデジャネイロとミラノで活動し、政治やジェンダーをテーマにした作品を多く制作している。デタニコは74年、レインは73年ブラジル生まれで、現在はパリを拠点に活動。彼らは、コンセプチュアル・アートとコンクリート・ポエトリー(具体詩)の継承者と呼ばれている。また2人は言語学者にしてタイポグラフィックデザイナーでもあり、「書くこと・読むこと・翻訳すること」をテーマに、言葉を造形的、音響的、視覚的な形に作り替える試みを行っている。2007年ベネチア・ビエンナーレではブラジル館代表に選ばれた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら