ニュース

2014-15年秋冬ニューヨーク アクセス数ランキングBEST10&トレンド解説

 雪の降る極寒の中で取材した2014-15年秋冬シーズンのニューヨークは、ボリュームのあるアウターが大豊作のシーズンだった。ウィンタースポーツやアウトドアにインスパイアされたブランドが多く見られ、ビッグシルエットは継続。「アレキサンダー ワン」の今シーズンのコンセプトでもある"都会に生きるサバイバー"のごとく、寒さにも負けないくらいの"プロテクション"を感じるアイテムが登場している。機能や生地の進化と人を魅了する創造性、両方のバランスを制する者が、ニューヨークのマーケットを制したようだ。

 アクセスランキング1位は、「ルイ・ヴィトン」のアーティスティック・ディレクターを退任し、自身のブランドに専念し注目を集めた「マーク ジェイコブス」。続く2位は、ストリートで人気を誇る「アレキサンダー ワン」。3位には、ケイティ・ヒリヤーがクリエイティブ・ディレクターに、ルエラ・バートリーがデザイン・ディレクターに就任し、ブランドの第2章を印象づけた「マーク BY マーク ジェイコブス」がランクインした。

 今シーズン、多くのブランドで見られたトレンドは、"ワントーンコーディネート"。「マーク ジェイコブス」を筆頭に、ブルー系、ピンク系など、同色のグラデーションを1ルックでレイヤードするスタイルが多く目立った。足もとは、ランウェイでもスニーカーが引き続きホットアイテムに。「マーク BY マーク ジェイコブスのカラフルポップなスニーカーは、ストリートでも多く見られそうだ。

2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクション関連記事

1位 マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)
REPORT LOOK

2位 アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)
REPORT LOOK

3位 マーク バイ マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)
REPORT LOOK

4位 3.1 フィリップ リム(3.1 PHILLIP LIM)
REPORT LOOK

5位 ラグ & ボーン(RAG & BONE)
REPORT LOOK

6位 カレン ウォーカー(KAREN WALKER)
LOOK

7位 トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)
REPORT LOOK

8位 ジル スチュアート(JILLSTUART)
REPORT LOOK

9位 エムエム�E メゾン マルタン マルジェラ(MM6 MAISON MARTIN MARGIELA)
REPORT LOOK

10位 ミリー(MILLY)
LOOK

*本データは、「WWD JAPAN.com」のCOLLECTIONページにて掲載したブランドを対象にしています。

【関連記事】
2014-15年秋冬ロンドン アクセス数ランキングBEST10&トレンド解説