ファッション

2016年度ANDAMファッション・アワードのファイナリストが決定 日本人の名前も

 若手デザイナーを発掘するコンテスト、 ANDAMファッション・アワード(ANDAM FASHION AWARD)の 2016年度ファイナリストが決定した。今年選ばれたのは、「アアルト( AALTO)」「ティム コペンズ(TIM COPPENS )」「ジャックムス( JACQUEMUS)」「コシェ(KOCHE)」「OAMC 」「ワンダ ナイロン(WANDA NYLON )」。 7月1 日に発表される受賞者は、賞金 25万ユーロ(約3075万円)を獲得する他、ジェフロワ・ドゥ・ラ・ブルドネイ( Geoffroy de la Bourdonnaye)=クロエ(CHLOE)最高経営責任者(CEO)の指導を受けることができる。

 また、賞金10万ユーロ(約1230万円)のファースト コレクション プライズには、「アトライン( ATLEIN)」「ケンタ マツシゲ(KENTA MATSUSHIGE )」「ハーモニー パリ(HARMONY PARIS )」が、賞金 4万ユーロ(約492万円)のアクセサリー プライズには、「ユーゴ マタ(HUGO MATHA )」「アメリー ピシャール(AMELIE PICHARD)」「トマジーニ パリ(TOMASINI PARIS )」が最終選考に駒を進めた。「ケンタ マツシゲ」はパリを拠点にする日本人デザイナーの松重健太が手掛けるブランドで、 14年に「イエール国際モード&写真フェスティバル」でグランプリを受賞した。

 今年度は、エマニュエル・アルト( Emmanuelle Alt)仏「ヴォーグ(VOGUE)」編集長、マーク・ホルゲート( Mark Holgate)米「ヴォーグ」ファッション・ニュース・ディレクター、マリー・ピエール・ラヌロング( Marie-Pierre Lannelongue)「M ル・モンド( M Le Monde)」編集長が審査員に加わり、計 25人で審査を行う。

JENNIFER WEIL訳 WWDジャパン編集部

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。