ニュース

福井県がテキスタイルの産地ブランド「羽二重」をスタート

 福井県のテキスタイルメーカーで構成される福井織物工業組合は、プロダクトデザイナーの川崎和男・大阪大学名誉教授と組み、福井の産地テキスタイルブランド「羽二重(HUBTAE)」をスタートする。同組合の荒井由泰・理事長(ケイテー社長)は、「羽二重はもともとテキスタイルの呼称なのに、今ではお餅の方が有名になってしまった。今後は福井で生産するテキスタイルを全て『羽二重』という名前で展開していきたい」という。本来は、経糸(たていと)が二重である絹織物を指す「羽二重」だが、今後は絹織物福井産のテキスタイル全般に適用する。

 また「羽二重」ブランドでは、コシやハリ、ヌメリといったテキスタイルの評価基準に対して、コシ=もちもち・しこしこ、ハリ=バリバリ・パリパリ、ぬめり=ぬるぬる・べとべとなど、オノマトペ(擬声語)を活用して、基準化する。川崎和男・名誉教授は、「福井の織物産業は、五箇条の御誓文を執筆した由利公正によって主導され、重要な輸出産業になった。英字名もあえて"HUBTAE"にし、素材であるテキスタイルと製品をつなぐという意味を込めた。福井の産地ブランドには20数年前にも関わったことがある。かつて世界に名を轟かせた福井の『羽二重』を再び世界で発信したい」と意気込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら