フォーカス

キーワードは“シンプル&本格” ナプラから“カラーケアの普段使い”をかなえる「エミーム」誕生

 プロフェッショナルヘアメーカーのナプラは3月19日、新たにヘアサロン専売のカラーケアブランド「エミーム(ETMEME)」をローンチした。3月下旬より全国のサロンで順次取り扱いを開始している。
 これは、プロ向けのヘアカラー剤市場でトップクラスのシェアを持つ同社が、サロンユーザーにもっとヘアカラーを楽しんでもらうために作ったブランド。カラーケアだからといって特別なステップを必要とするわけではなく、毎日のシャンプー&トリートメントなどの普段のお手入れで、髪の悩み解消やカラーの色艶アップをかなえる。

 ラインアップは、なりたい髪質に合わせた3タイプのシャンプー・トリートメントと、アウトバスで使うコンディショニングケア4種。厳選したミニマルなラインアップで、時間をかけずにケアできるため、ライフスタイルに取り入れてもらいやすい。

 また、自宅で使用するデイリーアイテムだけでなく、サロンでのスペシャルアイテムもそろえる。サロンで体験できるシステムトリートメントで、2~3浴式という簡単なステップを採用し、スピーディーに毛髪の内側と外側からのWケアを実現する。“本格&シンプル”をキーワードに、「忙しいけど常に美しい髪色でいたい」と願う女性に寄り添えるブランドだ。

「エミーム」の特徴➀
プロ向けヘアカラーメーカーが
作ったブランド

 「エミーム」は、「エヌドット(N.)」や「ナシード(NASEED)」など、美容師から高い支持を得るヘアカラーブランドを持つナプラが、満を持して作ったカラーケアブランド。ヘアカラーを知り尽くした同社が、髪色や髪質を美しく保つために必要なテクノロジー、成分を投入している。カラーの施術をする美容師のニーズにも対応し、扱いやすい処方になっている。

 ちなみにブランド名の「エミーム(ETMEME)」は、フランス語の“ET=and”と“MEME=myself(自分自身)”を組み合わせた造語。「きれいな髪を育むことは、私らしさを大切にすること」という意味が込められている。

「エミーム」の特徴②
忙しい女性に
寄り添うシンプルケア

 シャンプー&トリートメントとコンディショニングケアというコンパクトなラインアップで、毎日のお手入れをしながら髪色ケアができる。ホームケアアイテムのほか、サロンで行うシステムトリートメントもあり、最短3分からできるので、本格的なカラーケアを簡単かつスピーディーにかなえる。サロンの滞在時間を気にする顧客に対しても配慮したブランドだ。

 システムトリートメントには、ヘアカラーの褪色を防ぐ“スピードティントケアシステム”、熱ダメージを防ぐ“トリプルキューティクルコート”を採用。髪のダメージを補修してケア成分の吸着を高める“ベーストリートメント”、毛髪内部のすみずみまでトリートメント成分や水分を補給する“インナートリートメント”、髪の表面をコーティングして指通りと艶を向上させる“アウタートリートメント”という3種類の薬剤を組み合わせるタイプだ。3ステップだとしっとり、2ステップだとさらさらに仕上がり、最短3分からの施術が可能。

「エミーム」の特徴③
導入希望サロンに
優しい新時代のブランド

 これまでのサロン専売品には、サロンが新規導入する際に数量条件が付くのが一般的だったが、「エミーム」ではそれらをなくし、1本からでも購入できる。「エヌドット」で構築したメーカー直送の流通システムを使い、専売品の流通を守りながら安定して商品を提供できることも特徴の1つ。価格設定も、コロナ禍で苦しむサロンに優しい設定になっている。

厳選したミニマルなホームケアの
ラインアップ

PHOTOS:HIROKI WATANABE(PRODUCTS SHOT)

問い合わせ先
ナプラ
0120-189-720