フォーカス

「パナソニック ビューティ」の美容家電がホリデーシーズンに大集合 GENKINGに大プレゼン

 ホリデーシーズンに突入し、大切な人へのプレゼントや自分へのご褒美を考えたい季節がやって来た。そこで美容家電のリーディング・ブランド「パナソニック ビューティ」と「WWDJAPAN.com」は、フェイスやヘア、ボディケアなど、おうちでのセルフビューティを叶える商品を一堂に集めたライブ配信を実施。パナソニックで7つの商品を担当する4人の社員がそれぞれ、同ブランドの大ファンで商品知識もプロ顔負けのビューティ・アイコンGENKINGに、最新美容家電の魅力と機能、使い方などをプレゼンした。

「スチーマー ナノケア」や
「ヘアードライヤー ナノケア」は
2020年に機能&デザインを刷新

 「パナソニック ビューティ」と「WWDJAPAN.com」は、東京・銀座にあるパナソニックの最新美容家電を体験できる「パナソニック ビューティサロン 銀座」からライブ配信をお届け。手持ちの化粧水をミスト化して噴霧できる「スチーマー ナノケア」をはじめ、「ドレナージュ※1美顔器 温感かっさ」「導入※2美顔器 イオンエフェクター」「RF美顔器」のフェイスケア商品、髪に驚きのうるおいを与える「ヘアードライヤー ナノケア」と「ストレートアイロン ナノケア」、さらにムダ毛の目立たないスベスベ肌へ導く「光美容器 光エステ」を、各商品3分間でプレゼンした。それぞれの商品は2020年に機能やデザインを刷新したり新色を追加したり、注目ポイントも数多い。

「ヘアードライヤー ナノケア」は、
高浸透「ナノイー」が
18倍※3も大発生

 4人の担当者は、いずれもパネルを用意して3分間のプレゼンに挑戦。「温感かっさ」では、①エステティシャンのタッチを再現した肌に密着する形状②約37、40、42度に設定可能なホッとくつろぐ温感③ボディにも使える汎用性などをプレゼン。日本で最初に発売して以来83年間進化を続ける「ヘアードライヤー」では、昨年から好評の従来「ナノイー」に比べて18倍※3の水分発生量の高浸透「ナノイー」とカラーリングした髪を退色抑制する新機能をプッシュ!「ストレートアイロン」は、担当者自身が巻髪を一発でまっすぐに伸ばしたり、さらに毛先を遊ばせたりの実演に挑戦した。美肌とムダ毛の両方にアプローチする「光エステ」は、2本のランプが連続発光することで1回の刺激を抑えつつ2週間で効果が実感※4できるハイパワーを熱弁。

GENKINGは
愛用品の注目ポイントを
実体験とともに解説
プロ顔負けの説明が続々

 いずれの商品も愛用し、特に「スチーマー ナノケア」は3代目というGENKINGは、愛用者だからこそのお気に入りポイントなど、使い方を負けずに解説!「スチーマー ナノケア」では、撮影など「気合いを入れる日」には必ず使用し、プロのメイクアップアーティストも愛用していることを解説。「イオンエフェクター」は、「普段使っている化粧水やマスクの上から使えて、手で塗布するよりずっと効果的。5000円の化粧水を使っても、8000円の化粧水のように感じられる(笑)」とお気に入りポイントを説明。「RF美顔器」は、「エイジングケアが気になる女子に使って欲しい。時々のエステより、毎日のエイジングケア。若い子は、まだ欲張らなくて良いかも(笑)」と終始ユーモアもいっぱいだった。

※1 ドレナージュとはエステの手技の名称です
※2 角質層まで
※3 「ナノイー」と高浸透「ナノイー」との比較(パナソニック調べ)
※4 出力レベル5で使用後2週間で、ムダ毛の目立ちにくいスベスベ肌になってきたことを実感(パナソニック調べ)
※5 角質層まで。ヒアルロン酸分子量5,000〜10,000、コラーゲン分子量1,000〜5,000を使用した浸透量試験実施
※6 引き上げるように動かすこと
※7 パナソニック2015年発売EH-XU10比(パナソニック調べ)

問い合わせ先
パナソニック ビューティ