フォーカス

“マスク生活”に取り入れたい「スイサイ」の酵素洗顔パウダー

 気温も湿度も高いことに加えて、長引く“マスク生活”により肌のベタつきや毛穴汚れといった肌悩みを抱える人も多いはず。そんな今こそ、スキンケアを見直して快適に過ごしたいところ。カネボウ化粧品が手掛ける「スイサイ(SUISAI)」の「ビューティクリア パウダーウォッシュN」は、2つの酵素&アミノ酸系洗浄成分※1で、毛穴の黒ずみ汚れや角栓、ざらつき、古い角質をオフする洗顔パウダー。洗顔で、マスクが手放せない日々も快適な肌で過ごしたい。

※1 タンパク分解酵素(プロテアーゼ)、皮脂分解酵素(リパーゼ)、アミノ酸系洗浄成分(ラウロイルグルタミン酸Na、ミリストイルグルタミン酸Na)(全て洗浄成分として)

安定した酵素の働き

 「ビューティクリア パウダーウォッシュN」には、毛穴汚れの原因である古いタンパク質と過剰な皮脂を分解する“タンパク分解酵素”と“皮脂分解酵素”をダブルで配合。毛穴の黒ずみ汚れや角栓、ざらつき、古い角質といった肌悩みにアプローチする。また、湿気や高湿で働きが弱まってしまう酵素をコーティングして安定化。さらにパウダーを集めて顆粒状にし表面積を小さくすることによって、湿気に触れてもパウダー自体が濡れにくく、酵素の働きを持続させることができる。この特徴に加えて、こだわりの保湿成分※2により洗い上がりはすっきりしながら潤いを守り、洗うたび透明感がアップ。いつでもフレッシュに使用できる個包装タイプで持ち歩きにも重宝する。

※2 アクアグルコシド(エチルグルコシド)、ヒアルロン酸Na

マスターしたい洗い方のコツ

モデル・女優の紺野彩夏が実践する洗顔のコツ

 つるつるな素肌のために、洗い方のコツをマスターしたい。顔と手は濡らしておき、手のひらに1回分(1カプセル)のパウダーをとる。少量の水またはお湯を少しずつ加えながら、空気を含ませるように手か泡立てネットを使って泡立てるのがポイント。指ではなく作った泡で洗うようにして、毛穴汚れが気になる小鼻やTゾーンは念入りに。

 実際に編集部スタッフとライターが「ビューティクリア パウダーウォッシュN」をトライ。「最近は“マスク生活” で毛穴の黒ずみ汚れなどが気になっています。さっぱりとした洗い上がりが心地良いですね」(編集担当Y・Y)。「つっぱる感じがなく気に入っています。個包装でかさばらないので、旅行やジムにも便利ですね」(ライターT・A)。

 夜のクレンジング時はもちろん、朝の洗顔時に使用すればすっきりと滑らかな肌で一日をスタートできるはずだ。

TEXT:AYU TACHIBANA

問い合わせ先
カネボウ化粧品
0120-518-520