ジャン・ミシェル・バスキア記事一覧

10秒で読む

ジャン・ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)は、美術の世界で初めて成功した黒人アーティストと呼ばれるグラフィティ・アーティスト。ハイチ出身の父とプエルトリコ出身の母を持つ、1960年生まれのニューヨーク出身・ハイチ系アメリカ人。黒人故の人種差別や、幼少の頃の事故の経験を元に、17歳頃からニューヨークの地下鉄や街角にスプレーでペインティングを始める。その後、キース・ヘリング(Keith Haring)やバーバラ・クルーガー(Barbara Kruger)に才能を見出され、世界的なグラフィティ・アーティストに。しかし、盟友アンディー・ウォーホル(Andy Warhol)の死や重度の薬物依存が重なり、88年に27歳の若さでオーバードース(薬物の過剰摂取)によってこの世を去った。トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)やジョニー・デップ(Johnny Depp)などがコレクターとして知られる。