フラテリ パラディソ ジャパン記事一覧

10秒で読む

フラテリ パラディソ ジャパンは三越伊勢丹トランジットの100%子会社。フラテリ パラディソ ジャパンはシドニーのイタリアンダイニング「フラテリ パラディソ(FRATELLI PARADISO)」を17年4月末に表参道ヒルズにオープンする。同店が海外進出第一号店になる。

「フラテリ パラディソ」は、2001年にオーストラリア・シドニーのポッツポイントでエンロコ・パラディソ(Enrico Paradiso)とジョバンニ・パラディソ(Paradiso)の兄弟とマルコ・アンブロシーノ(Marco Ambrosino)の3人がオープンしたイタリアンダイニングだ。シドニーでナチュラルワインを広めた店としても知られており、朝にはパンを焼き、昼には手打ちパスタが作られ、朝から夜まで常に満席で人気の地元に愛されている。

「フラテリ パラディソ」の日本上陸は、三越伊勢丹トランジットの第一弾のプロジェクト。同社は、三越伊勢丹ホールディングス(51%出資)とトランジットジェネラルオフィス(49%出資)による合弁会社で、16年8月8日に設立された。