フォーカス

デミ コスメティクスのヘアカラー剤「フュージョニスト」でつくる春の光に映える多彩なヘアカラー

 サロン向けヘアケアメーカーのデミ コスメティクスが6月に発売したヘアカラー剤「フュージョニスト」が、発色と色持ちのよさで人気を集めている。濃淡を自由自在に操ることができるこのヘアカラー剤は、軽やかで透け感が求められる春のヘアカラー提案にもぴったり。都内で活躍する人気美容師が来春のヘアカラーデザインを披露する。

ハイライトで軽さと個性を出し
人気のグレージュを
春仕様にアップデート

 「全体をアッシュベースの深みのある色に対して、ハイライトを顔まわりと前髪の内側に入れることで柔らかさと明るさを出して春らしく仕上げました。グレーを多めに用いることでちょうどよくくすませることができるので、あまり派手なヘアカラーにできない社会人にも、色を取り入れながら重く見えがちな暗髪に明度差をつくることでさりげないおしゃれを提案したいです。艶感と色持ちのよさはお客さまにも好評」(柴田英里佳「オブヘア(Of HAI R)銀座店」店長

Color Recipe:「トレニージョ パウダーブリーチ」(OX- 6.0)で顔まわりを中心にハイライトを入れ、6 -G/グレイをトナーでオン。さらに、「フュージョニスト」の6 -P/パープルでローライトを入れる。根元は6 -G/グレイ:6 -N/ネイビー=2:1(OX- 6.0)で、毛先は6 -G/グレイ:6 -N/ネイビー=2:1の割合に2剤をOX-3.0ACとOX- 6.0 =1:1に配合して塗布。

オレンジ×ピンクで
春の光に透ける
コットンのように柔らかいカラー

 「春色を意識しモデルに似合うように淡く仕上げました。来春はオーガニックな要素に注目しているので、色味の提案だけではなく暖色であっても寒色であってもヘルシーで柔らかさのある雰囲気づくりを提案していきたいです。最近のカラー剤は優秀になりすぎて、ブリーチなどで作った絶妙なベースメイクが壊されてしまうこともあります。その点「フュージョニスト」はこだわって作ったベースを壊さず絶妙な色出しができるところにカラーリストとして魅力を感じています」(赤岡翔太「トニー&ガイ ジャパン」広尾店テクニカルダイレクター/アートチームマネージャー)

Color Recipe:「トレニージョ パウダーブリーチ」(OX- 6.0)で、顔まわりと襟足にハイライトを、それ以外のオーバーセクションはバレイヤージュでベース作り。根元とバックセクションは「フュージョニスト」6 -O/オレンジ(OX-3.0AC)でオンカラー。顔まわりは中間を12-R/レッド:12-G/グレイ=1:2(OX-3.0AC)で、毛先を12-P/パープル:12-R/ローズ:クリア=1:1:1(OX-3.0AC)で塗布。トップの毛先は12-R/レッド:12-G/グレイ=1:2(OX-3.0AC)でのせる。

鮮やかな発色が長続きする
ヘアカラー剤
「フュージョニスト」

 浸透力の違う2種類の活性剤を配合する“ダブルレイヤー処方”を採用することで、これまでにない艶感を実現。さらに髪の内部と表面で異なる染まり方をさせることで、表面の染料によるパッキング効果が生まれて穏やかに褪色するのも特徴だ。また、独自の技術によってアルカリを多く使用しなくても十分なブリーチ効果が発揮されるので、髪にも優しく染め上げる。カラーは暖色から寒色まで9色相とライトナー、クリアで構成。インスタグラムアカウント@fusionistcolorでは同カラー剤を使用したスタイルやレシピを随時公開中。

問い合わせ先
デミ コスメティクス
0120-68-7968