フォーカス

シリコンバレーで人気の火がついたシューズ「オールバーズ」が日本上陸

 2016年創業のフットウエアブランド「オールバーズ(ALLBIRDS)」は2020年1月10日、日本に初上陸する。元プロサッカー選手のティム・ブラウン(Tim Brown)が再生可能エネルギーの専門家、ジョーイ・ズウィリンガー(Joey Zwillinger)とサンフランシスコで立ち上げたブランドで、履き心地のよさとミニマルなデザイン、そしてサステナブルなモノ作りに注目が集まり、シリコンバレーで人気に火が付いた。クラウドファンディングで12万ドル(約1296万円)を集め起業した、今最も勢いのあるフットウエアスタートアップの魅力に迫る。

 「オールバーズ」は、創業者の一人、ティム・ブラウンがプロサッカー選手時代に感じた“違和感”から生まれたブランドだ。ニュージーランド代表としてキャプテンを務めたこともあるティムには、大手のスポーツブランドがスポンサーに付いていたため、彼が身に着けるフットウエアには大きなブランドロゴがあしらわれ、派手な色使いのものも多く、大学時代にデザインを専攻していたティムの美学とは合致しなかったという。選手引退後に通ったビジネススクール在学中、ニュージーランド出身ということも手伝い、ティムの中に“メリノウールでミニマルなデザインの靴を作る”というアイデアが生まれた。そこでクラウドファンディングを通じて資金を集め「オールバーズ」を起業し、アッパーにメリノウールを使用した“ウールランナー”を発表した。定番アイテムとなったこのフットウエアは、発売から3年間で約30回も改良され、タイム誌に「世界で最も快適な靴」と称されるまでになった。

看板商品“ウールランナー”と
“ツリーランナー”

100%カーボンニュートラルを
達成

2020年1月に日本初上陸
その勝算は?

 「オールバーズ」は現在アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域に14店舗を構えている。日本初上陸に向けて、日本法人を立ち上げてチームビルディングを進めており、出店場所はJR原宿駅の目の前の商業施設を選んだ。原宿の都会的でトレンドに敏感でクールな点がブランドイメージと共通する。また、グローバルな場所でもあり感度の高い消費者が世界中からやってくる場所でもある。

 カラフルで大きなロゴのスニーカーを好む日本人が一定数いることも否定できないが、本来、ミニマルで洗練されたデザインを好む。だからこそシンプルな「オールバーズ」のスニーカーは日本の消費者にも受け入れられると考えている。

 また、現在はまだサステナビリティが購入動機として働くことは少ないが、環境への配慮を意識する消費者は増えているし、自分が着るものや履くものが何で作られているか、どう作られているかを意識するようになっている。この意識は日本の、特に若い日本人の消費者の中でも高まっているため、ブランドにとって追い風だと考える。

TEXT:YU HIRAKAWA

問い合わせ先
オールバーズ