フォーカス

クチュール感覚の逸品「トレフル」 美しさと自信が満ちていくランジェリー

 1977年のデビュー以来、世界から選び抜かれた素材を用いた品格あるデザインを発信しているワコールのブランド「トレフル」は、美しいランジェリーで女性に自信をもたらし、内面から輝かせてきた。その美しさの秘密を探るとともに、美しいランジェリーとは、女性にとってどのような存在か、そして特別なランジェリーをまとうことで得られるものとは何か、美を知る3人に語ってもらった。

クラフツマンシップが支える
“美しさの芸術”

 ワコール初のブランドとして1977年に誕生した「トレフル」。同社が培ってきたクラフツマンシップを生かした細部へのこだわりが、人の心を動かす美しさを生み出している。「トレフル」の素材は特に美しく繊細なため、同ブランド独自の縫製ルールがある。 例えば、通常のワコール製品と比べると縫い目の幅は約1/2、針目の数は1.4〜1.75倍だ。また、上のスリップにも施されている立体感のある花のアップリケは「トレフル」のシグニチャーとも言えるディテールだが、このアップリケ上の針目を小さくすることで、存在感がありながらもベースのレースとの一体感が生まれている。一見気づかない細かいルールだが、ランジェリーの縫製ではそのこだわりの積み重ねが美しさを左右する。「トレフル」のブランドコンセプトは“美しさの芸術” だ。細かい手仕事から生まれるその芸術をドレスではなく、あえて人の目に触れないランジェリーでまとう贅沢。それは、本当に良いものを知る大人の女性だけが理解できる美学でもあり、その隠された贅沢が女性をよりいっそう輝かせる。

美を知る3人の女性が語る
ランジェリーの魅力

ワコールクオリティから生まれる
プレステージブランド

 さまざまな年齢層や嗜好に合わせたブランドを展開するワコールの中で、“美しいランジェリーを身にまとうことで、女性の心をときめかせ、情緒的価値を提供する”存在が「トレフル」「スタディオファイブ」「ワコール ディア」のプレステージブランドだ。いずれのブランドも、異なるテイストのファッション性の高いデザイン。熟練した職人の技がちりばめられているのが特徴だ。


問い合わせ先
ワコールお客様センター
0120-307-056