ニュース

「東京ミッドタウン デザインタッチ2019」が11月4日まで開催

 東京ミッドタウンは10月18日から「東京ミッドタウン デザインタッチ2019(TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2019)以下、デザインタッチ2019」を開催している。13回目で、会期は11月4日まで。“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトとする同イベントには、国内外で活躍するデザイナーの作品が集結。子どもから大人まで一緒になってデザインの魅力や可能性を体感できる。19年のテーマは“FUSION(融合)”で、デザインに景色や科学、遊びなどを融合して新たな価値を提案する。

 メインとなるのは、東京ミッドタウン内のミッドタウン・ガーデンに登場した「デザインの森」だ。見る、考える、遊ぶ、創るの4つのエリアに分かれて作品が展示される。クリエイティブユニットのスプレッド(SPREAD)が手掛ける「六本木カラー渓谷」は赤、オレンジ、ピンク、ブルーに染めたメッシュ生地とミッドタウン・ガーデンの緑のコントラストが美しいインスタレーション作品だ。「自然が人を魅了し続ける理由は、色の奥にある光と影の対比にある」とし、全長約1kmのメッシュ生地は「網目に光を抱え込むことができる」ことから表現手段に採用した。会期中は17時から21時までライトアップされ、昼とは違ったインパクトを与える。

 慶應義塾大学環境情報学部で教鞭もとる現代芸術家の脇田玲は、“時間”をテーマに彫刻作品「モーメント(MOMENT)」を作った。東京ミッドタウンの風を計測してコンピューターで3次元データにし、“一瞬”を可視化(彫刻化)した。ミラー素材のため近づくと自分が映り込み、作品に溶け込んだような不思議な感覚が味わえる。

 子どもと楽しめるのが「デザインのひろば」だ。プロダクトデザイナーの深澤直人やインテリアデザイナーの五十嵐久枝がデザインした、「グッドデザイン賞」受賞の5種類の遊具で実際に遊ぶことができる。

 館内に入れば、約25mの吹き抜け空間に「ミラノサローネ国際家具見本市(MILANO SALONE)」でも活躍中のデザイナー、柿木原政広が手掛けるモビール作品が現れる。わずかな風もキャッチして揺れるモビールは、「役に立たないことにも意味があることを伝えたい」ものだという。

 会場でひときわ目を引くのが、芝生広場に設営された巨大な「オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)」のブースだ。144年におよぶ歴史を持つスイスの高級時計ブランドで、今なお創業者一族によって経営されるまれな存在だ。「オーデマ ピゲ」は「デザインタッチ2019」において、「時計以上の何か」展を開催する。時計の文字盤をイメージした12の部屋で、アーティスト池田亮司の動画作品やスイスから来日した時計師の作業と共に、創業者の一人ジュール・ルイ・オーデマ(Jules-Louis Audemars)が1875年に時計学校の卒業制作で作った懐中時計から、2019年に発売した“コード11.59 バイ オーデマ ピゲ(CODE 11.59 BY AUDEMARS PIGUET)”まで150本以上の時計を展示する。

 六本木で、さまざまなデザインに触れることのできる機会。いずれも無料なので普段は縁遠いデザインやアート、敷居の高い高級時計の世界に積極的にタッチしてみては?

TEXT : YUKO HOMMA

問い合わせ先
東京ミッドタウン
03-3475-3100