フォーカス

“自然体でキマッている”を作る 「エヌドット オム」の第2弾

 プロフェッショナルヘアメーカーのナプラは、「エヌドット オム」から第2弾となる「ジェルグリース」と「ロックヘアスプレー」を今秋に発売する(「ロックヘアスプレー」は8月28日に先行発売)。多様化するメンズスタイルに対応するラインアップと、毎日の身支度に手軽に取り入れることができるスタイリングのしやすさは同シリーズの特徴。今回の2アイテムの追加で、さらにスタイリングの幅が広がる。今回9月に新店「ゴールド(GOALD)」をオープンする中村トメ吉代表にこの2アイテムを使ってスタイリングしてもらった。

ランダムな束感で
きめすぎない“ツヤウエーブ”

 中村トメ吉ゴールド(GOALD)代表が、重めのマッシュ×パーマスタイルを「ジェルグリース」を使用してスタイリング。髪全体に手櫛でざっくりとかき上げるようにつけ、右目頭の延長線上に分け目を作るだけ。適度な艶感とランダムなウエーブが今っぽく仕上げるポイント。最後に「ロックヘアスプレー」を髪の根元に塗布。「ジェルグリース」の艶と柔らかさを損なわずに一日中スタイルをキープできる。

ウェットヘアを手軽に作れる
「ジェルグリース」と
スタイルを一日中キープする
「ロックヘアスプレー」

 「ジェルグリース」の適量は500円玉ぐらい。やや多めと思うぐらいがちょうどよい。手のひらと指の間までしっかりとなじませてから手櫛を通すように塗布する。仕上げには髪の根元を中心に「ロックヘアスプレー」を塗布。毛先についたジェルの重さにも負けないセット力の強さだ。

カット×パーマ×スタイリング剤で
気分に合わせた
スタイル作りを提案

 中村代表は新店舗「ゴールド」について「ターゲットは高校生から28歳ぐらいまで。提案したいのは“機能性”“再現性”“ナチュラル”の3点です。全体にスタイリング剤を手櫛で通すだけで完成する手軽さがこの年齢層には求められますし、時代的にもナチュラルさは必須です。だから『エヌドット オム』は艶が出てパリっともするけれど硬くなりすぎないので、新店舗で狙う層にも受けそう」と話す。

3月にデビューした
3品も人気を集める

 3月にデビューした「シアクリーム」は根元を立ち上げながらも毛先は自然な動きと質感に仕上げる。クリームワックスをベースにジェル基材を配合し扱いやすくした。「ジェルバーム」はジェルの艶感とワックスの扱いやすさを取り入れた新形態のジェル。「WWDビューティ」7月11日号「ヘアサロン版ベストコスメアワード 2019」のメンズ部門で1位にランクインした。「アクアグリース」は伸びがよく程よいセット力とウエット感を出し、グリースからイメージされるタイトなバーバースタイルだけでなくパーマスタイルに使用してカールを生かすことも可能なアイテム。

PHOTO : HIROKI WATANABE、[MODEL]TORU KOIKE

問い合わせ先
ナプラ
0120-189-720