フォーカス

服を知り尽くすプロが指南 「アドーア」スタイリングのコツ

 今年3月に六本木ヒルズがプチリニューアルし、オトナ女性のためのファッションブランドが充実した。ウエストウォーク3階にサザビーリーグの「エブール(EBURE)」とベイクルーズグループの「プラージュ(PLAGE)」が新規オープンしたほか、サンエー・インターナショナルの「アドーア(ADORE)」も移転リニューアルオープンした。いずれも素材やディテール、シルエットに定評があり、スタイリストやバイヤーなど服のプロフェッショナルからの支持が高い。その魅力を新たに探るべく、ブランドと縁の深い服のプロたちにおすすめの商品とそのスタイリングポイントを聞いた。シリーズ第2弾は、芸能人や著名人も数多く愛用している「アドーア」をお届けする。

 スタイリングを提案するのは、これまでモード誌とのタイアップ記事や公式サイトのウェブカタログなどで「アドーア」を数多く手掛けてきたスタイリストの上杉美雪さんだ。ブランドの魅力について上杉さんは「着心地がいいのにきちんとして見えます。それはおそらく服が立体的に作られているから。体なじみがいい素材を使っているけれど、リラックスし過ぎないのがポイントで、ビジネスシーンなどの都会的なシーンとの相性がとてもいいんです。カッコよさとリラックス感と機能性がうまく融合しているなと思います」と話してくれた。

1枚でさらりと着こなしたい
盛夏にぴったりのワンピース

 まず上杉さんがピックアップしたのが、ビビッドなグリーンが目を引くリネン混のドレス。1枚で着られるように計算された素材やシルエットがポイントだという。「素材にリネンが入っていることでハリが出るので、1枚でもキレイに着ることができます。丈もふくらはぎの途中のいわゆるミモレ丈で、長すぎず短すぎず、ちょうどいいバランス。ウエストからボトムにかけてボリュームが出るシルエットなので、立体感が出て、子どもっぽくならずに着こなせます。1枚で存在感があるので、フラットなサンダルを合わせてエフォートレスなスタイルを楽しんでください。これからの蒸し暑い時期に、一枚でテンションが上がるドレスは重宝します」。

どこで着ても何を合わせても
サマになるジャンパースカート

 人工レザーのパイピングがあしらわれたリネン100%のジャンパースカートは着回しが利くアイテムだ。「今回のようにタイトなトップスを合わせるのはもちろん、前を開ければジレとしても着られます。またサイドのボタン部分を開けて、中にTシャツドレスを合わせたレイヤードも素敵です。あえて付属のベルトをせず、ストンとしたシルエットでもキレイですし、シンプルなタンクトップでカジュアルにも着こなせます。黒のパイピングやボタンのディテールが利いているので、パンプスなどを合わせればオフィスでも着られますし、ヌーディーなサンダルを履いてリゾートでのスタイルを楽しむのもおすすめです」

遊び心があるパンツは
タイトなトップスを合わせるのが
ポイント

 サイドに付いたドローストリングスでウエストを調整できるパンツは、色とシルエットのバランスに気をつけてスタイリングをするのがコツだ。「この絶妙なピンクベージュの色合いが素敵ですよね。ドローストリングスがスポーティーな雰囲気なので、フェミニンに見えるように女性らしいトップスを合わせました。ピンクベージュには、今回のように黒など引き締まる色を合わせるとカジュアル過ぎずに整います。白シャツをインしてもいいと思います。ドローストリングスをあえて緩くしめてズルっと着てもかわいいですね。その場合は、トップスをタイトなシルエットにするとバランスよく着られますよ」。

大人の女性だから着こなせる
リラクシングスタイル

 キレイめに見えながらリラックス感もあるパンツは、後ろに入っているスリットがポイント。「ジャストウエストか、少し落とし気味にはくとキレイだと思います。ウエストが後ろだけゴムなのできちんと見えつつも着やすいのがうれしいですね。裾にはスリットが入っていて、エレガントさとカジュアルが上手にミックスされた完成度の高いアイテムです」と上杉さん。トップスに合わせたTシャツもスタイリストならではの視点だ。「大人の女性が着るTシャツってなかなか難しいんです。これはボクシーなシルエットといいワイド感といい、ポケットの大きさやハイネックといい、とても気が利いたデザインだと思います。ここまで主役感のあるTシャツは珍しい。着心地のよさを保ちつつ、きちんとして見えるのは大人の女性にとって重要なポイントです」。

INFORMATION
アドーア 六本木ヒルズ店

六本木ヒルズウエストウォーク 3F

問い合わせ先
アドーア 六本木ヒルズ店
03-3475-5915

あなたにオススメ