ファッション

「ダニエル・ウェリントン」がリブランディング 記念パーティーに植野有砂や上村翔平が来場

 2011年にフィリップ・タイサンダー(Filip Tysander)がスウェーデンで創業したウオッチブランド「ダニエル・ウェリントン(DANIEL WELLINGTON)」は、リブランディングの一環としてブランドカラーを一新した。これまでは白ベースに黒文字などモノクロを基調としていたが、今後はネイビーベースに金文字をメーンカラーとし、商品や公式サイトなどにはすでに導入している。またブランドカラーの刷新に合わせ、従来の“D”が反転したアイコニックなロゴも廃止する。

 7月6日には、リブランディングを記念したイベント「DANIEL WELLINGTON MUSIC & ART EVENT」を東京・表参道のイベントスペース、ウォール&ウォール(WALL & WALL)で開催した。会場にはブランドアンバサダーで米人気モデルのテイラー・ヒル(Taylor Hill)とニールス・ヴィサー(Neels Visser)、中国人モデルのミン・シー(Ming Xi)のビジュアルを設置。音楽とアートの融合をテーマに、リアリティーTV番組「テラスハウス(TERRACE HOUSE)」に出演する上村翔平が所属する3ピースバンドTHREE1989がライブを、モデルの水原佑果がDJを披露した他、アートコンテンツとしてイラストレーターのLuis Mendoがライブペインティングを行った。また七夕前日のイベントということもあり、会場中央の木を笹に見立てて、来場者が思い思いの願いを短冊に記す姿が見られた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら