ニュース

仏セフォラがECを強化 新ブランドを多く販売

 フランスのセフォラ(SEPHORA)は、店舗で取り扱っていない新ブランドのECでの限定販売を始めた。

 すでにEC上で販売しているのは指輪型のホルダーにマイキュア入りの瓶を収めるグッズなどを販売する「ツイクシー(TWEEXY)」や洗い流せるヘアカラースプレーの「バイバイ・ラシーヌ(BYE BYE RACINES)」、ナチュラルビューティにフォーカスする「ヌードスティックス(NUDESTIX)」など。スキンケアブランド「ファイスD(FACED)」の製品は、2週間で完売するほど人気だったという。

 ステファン・デルヴァ(Stephane Delva)=マーケティング・ディレクターは「今の時代、消費者はスマホなどを通じて、フランス国外の流行りの情報をすぐに入手している。彼女たちのニーズに応えるべく、店舗で取り扱っていない新しいブランドやユニークなブランドを販売している。また、eコマースの強化にもつながる」とコメント。

 仏セフォラの売上高は年々上昇。ECでの新ブランドの販売は新規導入ブランドへの消費者のレスポンスを分析することができる他、SNS上でのプロモーションにもつながる。「ECで人気が出たら、店舗での販売も可能だ」とデルヴァ。

訳・北坂映梨

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら