フォーカス

「ラグジュアリー企業にマーケティングの概念は不向き」 アルノーLVMH会長兼CEO流ブランドビジネスの必勝法

 ベルナール・アルノーLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(以下、LVMH)会長兼最高経営責任者(CEO)が4月16日、パリのカルーゼル・ド・ルーブルで開かれた株主総会で、2014年度に上げた功績と、ビジネスの成功法について語った。1時間近くに及ぶスピーチで、アルノー会長兼CEOが度々強調したのは、クリエイティビティーとクオリティー、そして長期的視野の重要性。LVMHが浮き沈みの激しいラグジュアリー業界のトップでありつづける秘訣が垣間見える。

 アルノー会長兼CEOは、ラグジュアリー企業にマーケティングの概念は不向きであると言い放った。「ビジネススクールで講義をすることがあるが、学生たちの多くはLVMHのマーケティング戦略について聞きたがる。『LVMHではマーケティングはしない』と説明すると、学生たちは残念そうにしているよ。LVMHへの就職を希望する人も多いが、『マーケティングがやりたいならうちには来るな』とはっきり言っている。ラグジュアリー業界はクリエイションの場であり、数字や統計の分析だけで測ることができる世界ではないのだ」。

 「重要なのは知識よりも想像力」というアインシュタインの名言を引用した後でアルノー会長兼CEOは、LVMHの最大の強みは「新しいものを創造し続ける底力」であり、かつ「実用的なクリエイティビティー」を生み出すことであるという。「われわれは画家の集団ではないし、美術館に飾られるようなドレスを作ることが仕事ではない。顧客の中から『これが欲しい』という強い欲望を引き出し、われわれの商品に目を向けてもらわなければならない」という。また、「実用的なクリエイティビティー」について、昨年10月にオープンした建築家フランク・ゲーリーによる巨大なアート施設、フォンダシオン ルイ・ヴィトンを例に挙げた。「フォンダシオンこそがその信念を体現している。外から見ると息をのむような美しい建築物だが、館内は洗練されていてさまざまな用途に使うことができる」。オープンからすでに60万人以上の来場客があるこの施設はLVMHのみならず、パリ、さらにはフランスの誇りであると主張した。