ビューティ

資生堂と積水化学、住友化学がタッグ 化粧品容器を分別なくリサイクルするスキームを構築

 資生堂は積水化学工業と住友化学とタッグを組み、プラスチック製化粧品容器を回収し、分別することなく資源化、原料化して容器に再生する循環モデル構築に向けた取り組みを開始する。

 化粧品容器は、中身の保護や使いやすさ、デザイン性が重視されるため、多種多様なプラスチックから作られている。そのため分別が難しく、プラスチック資源として循環利用する際の課題となっていた。そこで3社は互いの強みを生かし、プラスチック製化粧品容器の回収から再生までの新たな仕組みを構築する。

 資生堂は、店頭を通じたプラスチック製化粧品容器の回収スキームの構築と、化粧品容器への再生ポリオレフィン(ポリエチレンやポリプロピレンなどの総称でプラスチックの一種)の活用に取り組む。

 積水化学は、使用済みプラスチックなどの可燃性ごみを分別することなくガス化し、微生物の力でエタノールに変換する“BR エタノール技術”を用いて、プラスチックの原料であるエタノールへの資源化を行う。住友化学は、資源化したエタノールを原料にエチレン(ポリエチレンなどの合成樹脂や有機化合物の原料) を製造する技術を用いて、従来の化石資源を原料とした製品と同等の品質を持つ再生ポリオレフィンを提供する。

 3社が企業の垣根を超えて連携し、さらに関連する業界や企業にも参加を働きかけサーキュラーエコノミーの実現を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら