ビューティ

資生堂と積水化学、住友化学がタッグ 化粧品容器を分別なくリサイクルするスキームを構築

 資生堂は積水化学工業と住友化学とタッグを組み、プラスチック製化粧品容器を回収し、分別することなく資源化、原料化して容器に再生する循環モデル構築に向けた取り組みを開始する。

 化粧品容器は、中身の保護や使いやすさ、デザイン性が重視されるため、多種多様なプラスチックから作られている。そのため分別が難しく、プラスチック資源として循環利用する際の課題となっていた。そこで3社は互いの強みを生かし、プラスチック製化粧品容器の回収から再生までの新たな仕組みを構築する。

 資生堂は、店頭を通じたプラスチック製化粧品容器の回収スキームの構築と、化粧品容器への再生ポリオレフィン(ポリエチレンやポリプロピレンなどの総称でプラスチックの一種)の活用に取り組む。

 積水化学は、使用済みプラスチックなどの可燃性ごみを分別することなくガス化し、微生物の力でエタノールに変換する“BR エタノール技術”を用いて、プラスチックの原料であるエタノールへの資源化を行う。住友化学は、資源化したエタノールを原料にエチレン(ポリエチレンなどの合成樹脂や有機化合物の原料) を製造する技術を用いて、従来の化石資源を原料とした製品と同等の品質を持つ再生ポリオレフィンを提供する。

 3社が企業の垣根を超えて連携し、さらに関連する業界や企業にも参加を働きかけサーキュラーエコノミーの実現を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。