フォーカス

生産者の生活向上に貢献する方法

 「WWDジャパン」では、“透明性”をテーマに8月から毎月1回、7号にわたりサステナビリテイ特集を企画しています。12月21&28日合併号では「生産者の生活向上に貢献する」方法にフォーカス。ほとんどの衣料メーカーは、製造工場を所有しておらず、行っているのは製品のデザインや販売のみ。そんな中で、どのようにして生産者の人権を守っているのでしょうか。その取り組みを紹介します。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら