ビューティ

「アットコスメ」がグローバルアプリをスタート 口コミやニュースを自動翻訳

 アイスタイルは、「アットコスメ」のグローバルアプリをスタートさせ、第1弾としてマレーシアと香港で公開した。他国ユーザーのクチコミや他国ニュースも自動翻訳で閲覧できる点が特徴で、今後はタイや台湾などに順次拡大する。また、将来的には日本版のアプリにも翻訳機能を導入し、世界各国のユーザーが1つの IDで世界中のクチコミやランキングを参考にしながら、店舗やECで商品を購入できる態勢を整える予定。

 同社は長年の構想として「アットコスメ」のグローバル化を掲げており、2012年には香港に現地法人を設立。現在は香港に「アットコスメ ストア」を5店舗構えている。また、17年にはマレーシアでECサイト運営を行うHermo Creativeを子会社化したほか、米国のコスメコミュニティーサイト「メイクアップアレー」を運営するMUAと、台湾の化粧品クチコミサイト「ユアコスメ」を運営するi-TRUEを買収していた。

 グローバルアプリは手始めに使用人口が多い英語圏と中国語圏でリリースし、米国や台湾などのメディア事業で収集した情報も含めた各国のユーザー動向を蓄積。世界規模のデータベースを作り上げ、国内外の消費者やブランドをつなぐサービスを提供する。

 同社が8日に発表した20年第1四半期(7~9月)決算は、売上高は前年同期比2.3%増の79億円だったが、20年1月に開業する旗艦店に関する経費や中国のEC法改正、香港デモの影響などにより営業損益は2億円の赤字となった。しかし、9月に発表したB to Bサービス「ブランドオフィシャル」が順調に推移しているほか、コスト削減などで計画を上回っていることなどもあり、11日の株価がストップ高になるなど大きな反響を呼んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。