ビューティ

資生堂CMにマツコ・デラックス 新感覚ファンデーションの顔に起用

 資生堂は、スキンケアも兼ね備えた新ファンデーション「薬用 ケアハイブリッドファンデ」を開発した。既に昨年8月に発売した「dプログラム(DPROGRAM)」、3月21日に「ハク(HAKU)」から発売する製品を皮切りに、今後、他ブランドでも販売する予定。アンバサダーにはタレントのマツコ・デラックスを起用し、テレビCMや店頭ポップなどで商品をアピールしていく。

 同社の独自調査(15~69歳の女性4123人対象)で「女性がファンデーションをつけているのは年間3500時間」ということが分かった。また、6割の女性が「ファンデーションは肌によくない」とネガティブな印象を持っていた。そこで、「ネガティブな印象をポジティブに転換させ、3500時間つけているファンデーションで素肌まで美しくする、“ファンデーション革命”を巻き起こしていく」(杉山繁和資生堂ジャパン社長)。

 「dプログラム」では、薬用肌荒れケアと滑らかな仕上がりがかなう「薬用 スキンケアファンデーション」SPF17・PA++(全5色、各3800円)を昨年8月に発売。パウダリーファンデーションでは日本初の2種の薬用有効成分を配合したものとなる。「ハク」は薬用美白ケアとカバーして明るい肌に導く「薬用 美白美容液ファンデ」SPF30・PA+++(全4色、各4800円※編集部調べ)を販売する。

 アンバサダーに起用されたマツコ・デラックスは「おかまをテレビCMに起用するなんて、ダイバーシティね。資生堂さんありがとう!資生堂のCMに出演させて頂けるなんてもう(嬉しくて)死んだっていいわ。昔は資生堂のCMが目覚めの一つよ。いろいろ気付かせてもらったの」とマツコ節がさく裂。「ファンデーションは46歳のおっさんには欠かせないもの。一足先に使わせてもらったけど、肌を美しく保つことがファンデーションの力を証明できることよね」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら