ファッション

ドーバー ギンザが内装を“衣替え” 「キコ」や「ナマチェコ」の売り場スペースも登場

 ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)は、2018-19年秋冬コレクションアイテムの販売を機に内装を変更した。

 今シーズン新しく取り扱いが開始された「キコ コスタディノフ(KIKO KOSTADINOV)」「ナマチェコ(NAMACHEKO)」「パコ・ラバンヌ(PACO RABANNE)」のスペースを開設。「グッチ(GUCCI)」「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」「デルヴォー(DELVAUX)」「プラダ(PRADA)」「クロムハーツ(CHROME HEARTS)」などの常設スペースも内装を変更した。「グッチ」のコレクションで使われた非売品のヘッドピースを展示している2階の「グッチ ハット パレード(GUCCI HAT PARADE)」は、3階の「グッチ」常設スペース同様ゴールドに統一。さらに3、4、7階には清川あさみの作品群「TOKYOモンスター」を飾った。

 また1階のエレファントスペースでは、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」による期間限定のインスタレーションを展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら