ビジネス
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第110回

「躍動」や「守り抜く」への危機感 伝わる文は、美化せずポジティブな事実を淡々と積み上げる

有料会員限定記事

最近、ニュースを見るたびに「大谷翔平選手は、『躍動』しているなぁ」と思います。大谷選手の実際の活躍に感銘を受けているのではありません。特にテレビのニュースを中心に、ことスポーツ選手の活躍を「躍動」と表現する番組が多すぎやしないか?という、我ながら相変わらずな皮肉です。なんだか語彙が貧困な気がするんですよね。「躍動」ばかりが使われがちなのはもちろん、それなりに大層な言葉を乱発しているのでは?と思っています。

同じような印象は、政治の世界で聞く機会が増えた「〜〜抜く」にも抱いています。皆さんも「守り抜く」なんて言葉、何度も聞いてきたのではないでしょうか?「守る」ではなく、「守り抜く」。そこには「死守する」や「必死で守る」「命懸けで守る」なんてニュアンスが含まれているのだと思います。「躍動」同様、本来ならば“ここぞ”というときに使うべき大層な言葉を乱発し、その言葉の価値を自ら毀損しているような印象を受けます。もちろん結果「守り抜く」ことができなかったときの落胆は、「守る」という言葉で語られたときの比ではありません。

後輩が記事を書くとき、特にクライアントとご一緒するタイアップコンテンツを作るとき、彼らには「耳障りの良い言葉を使うのではなく、ポジティブな事実を淡々と積み上げ、結果、全体として好印象につながる記事を書こう」と伝えます。これは、全てにおいて大事なことだと考えています。例えば先日、私はあるデザイナーインタビューの記事で、後輩がつけた「隙のないMDで顧客のニーズを満たす」という中見出しに噛み付きました(笑)。「ん!?」と思い、「本当に『隙のない隙のないMDで顧客のニーズを満た』していると思ったのですね?ならば、このままでOKです」と戻しました。すると後輩は、「正直美化して書いてしまった感は否めないです。自分でもそう感じます」と白状してくれました。きっと、次回以降、同じ轍は踏まないことでしょう。文字を生業とする人間として、私たちは、せめてこのくらい自分の言葉に責任を持つべきでは?そう考えると私は、政治家のように安易に「〜〜抜く」なんて言えません。

この続きを読むには…
残り948⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。