フォーカス

生きる歓びを体現する「ショパール」の“ハッピースポーツ”

 「ショパール(CHOPARD)」の“ハッピースポーツ”は、ダイヤモンドが文字盤の上でくるくるとダンスする時計史上まれな名作だ。老舗ウオッチメゾンであり、ジュエラーでもある同ブランドならではのアイコンウオッチは一度見れば誰もが記憶しているはず。1993年に誕生して以来人気のコレクションから今年、最新作が登場した。コレクション誕生時の知られざるエピソードから、ショパールの共同社長兼アーティスティック・ディレクターから寄せられたメッセージ、アンバサダー、そして気になる最新作の魅力に迫る。

メゾンのアイコンウオッチ
誕生秘話

 “ハッピースポーツ”コレクションを生み出したのは、共同社長兼アーティスティック・ディレクターとして「ショパール」を率いるキャロライン・ショイフレ(Caroline Scheufele)自身だ。90年代初頭、彼女は“気まぐれな時計”という斬新なアイデアを打ち出す。品の良さとカジュアルさを併せ持つレディスウオッチ。それが“ハッピースポーツ”だった。それに先立つ76年、「ショパール」はダイヤモンドが文字盤の周囲をめぐる“ハッピーダイヤモンド”を発表していた。それは、2枚の透明なサファイアクリスタルの間で宙に浮いているかのように“ムービングダイヤモンド”がきらめくデザイン。彼女はその遊び心たっぷりの魅力を時計の文字盤でも表現しようとする。彼女のアイデアに当時のアトリエ長は、「無茶だ、こんな時計。キャロライン、もし本当に売れるっていうなら、売れた時計1本につきにバラの花を1本贈るよ」と言った。

 93年に完成した“ハッピースポーツ”の文字盤の上では、“ムービングダイヤモンド”がフェッテ(バレエの回転技)のように軽やかに踊っていた。ステンレススチールを採用したコンテンポラリーなデザインは多くの女性の心を射止め、世界的な大ヒットに。アトリエ長は結局、たくさんの花が咲くバラの木をキャロラインに贈って彼女をたたえたという。

人生を謳歌する
女性のためのウオッチ

 時計業界に旋風を巻き起こした“ハッピースポーツ”。1本も売れないとまで言われた時計を、女性たちがこぞって身に着けた理由は、そのスタイルにある。テニスコートにも、ビジネスランチにも、パーティにも着けていけるスポーツ・シックの極致であり、ジーンズにもドレスにも似合う優れたデザイン。世代を超えてアクティブに楽しめるこの時計は、現代女性たちのジョワ・ド・ヴィーヴル(生きる歓び)と自由なスピリットを体現しているのだ。

  “ムービングダイヤモンド”は底面が丸みを帯びたパーツにセットされているため、ほんのわずかに手を動かしただけでも魔法のように自由に回転する。ほかにはないこの輝きが、女性たちのさりげない仕草を美しく見せてくれるのだ。

幸せの瞬間を表現する
“ハッピースポーツ”

ジュリア・ロバーツの幸せの秘訣は、「人に親切であること、共感してくれ愛する人たちに囲まれること、そして、ダンスとキスをすることかしら。」だという
ART DIRECTOR: XAVIER DOLAN, PHOTOGRAPHER : (c) SHAYNE LAVERDIÈRE, STYLIST: ELIZABETH STEWART

 その眩いばかりの微笑みで人々を魅了するジュリア・ロバーツ。彼女ほど、“生きる歓び”を表すのにふさわしい人物はいないだろう。ロバーツは「ショパール」とのコラボレーションについて、以下のように述べている。

 「ショパール」は、エレガンスや輝き、そして女性らしさといったタイムレスな価値を象徴しています。見るたびにダイヤモンドがキラキラと輝きながらダンスする“ハッピースポーツ”は、まるで幸せの瞬間を表現するような、すばらしい時計。業界におけるアイコンの一つで女性を魅了する“ハッピースポーツ”とコラボレーションできて光栄です。

「ショパール」のアイコンが
“黄金比”で復活

 “ハッピースポーツ”の最新作は、ケース径が33㎜と小ぶりで、自社製の小型自動巻きムーブメントを搭載し、機能性を追求している。どのモデルも環境や人権に配慮した“18Kエシカルゴールド”や、リサイクルされたスチールを70%含む“ルーセント スチール A223”をケースに使用。ダイヤモンドも倫理的に配慮された方法で採掘された原石だけが使われている。最も美しいプロポーションを導き出すために古代から用いられた“黄金比”の理論を設計に取り入れ、完璧なバランスを生み出しているのも大きな特徴だ。

TEXT:KEIKO HOMMA

問い合わせ先
ショパール ジャパン プレス
03-5524-8922