ファッション

200人参加のメガ会議で多様性時代のファッションを考える 落合陽一がゲストに登壇

 バリアフリー・多言語対応に特化したオンライン型劇場の「シアターフォーオール(THEATRE FOR ALL)」は3月5日19時から、同日に配信を開始するドキュメンタリー「True Colors FASHION ドキュメンタリー映像『対話する衣服』 -6組の“当事者”の葛藤」のラーニング・イベントとして、「True Colors FASHION メガ会議『多様性時代のファッションデザインとは?』」を手話通訳付きで開催する。参加費は1000円。

 イベントのファシリテーターを務めるのは、父親の失読症をきっかけに、代わりに文字を読み上げるメガネ「オトングラス(OTON GLASS)」を開発した島影圭佑オトングラス代表。ゲストに落合陽一メディアアーティストを迎えるほか、山縣良和「ここのがっこう」主宰や青木彬インディペンデント・キュレーター、山口壮大ファッションディレクター、清水淳子デザインリサーチャー/グラフィックレコーダーが登壇。「障害のある人たちがファッションの作り手になると、デザインはどう変わる?」や「一人ひとりの身体や生き方にフィットしたデザインは、どうすれば生み出せる?」「そのために必要な仕組みとは?」を考えながら、多様性の時代におけるファッションデザインを考えて話し合う、200人の参加を見込むメガ会議だ。ファッション関係者はもちろん、近しいテーマで活動するクリエイターやジャーナリスト、研究者も質問者として参加し、問いを投げかけ、考えを話し、参加者みんなが自分のこととして「これからのファッションデザイン」を考えることを目指す。

◼️「True Colors FASHION メガ会議『多様性時代のファッションデザインとは?』」
日時:3月5日19~21時
会場:オンライン
参加費:1000円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら