「トム フォード」メンズは、トムのハッピーなLAライフから生まれる

コレクション・レポート

2018/2/7 (WED) 13:30

 最近の「トム フォード(TOM FORD)」は、若い。特にメンズはクラシックなセットアップを核に成長してきたが、2018-19年秋冬は、メタリックカラーのアウターにパステルカラーのスーツ、サテンのスイングトップ、そしてパイソン柄のパンツなど、セクシー&ゴージャスで自信にみなぎる男性像を踏襲しながらも、若さや勢い、エネルギーにあふれる青年像にシフトしている。

 この理由をトムは、「長年拠点としてきたヨーロッパを離れ、ロサンゼルスに移住したせいかもしれない」と話す。アメリカ・テキサス出身ながら、西海岸での生活は、「一言で言えば、カルチャーショックだった」とトム。「ヨーロッパのように皆が世界に目を向けているワケではなく、ある意味とてもローカルでアメリカ。でも皆が東海岸から、ヨーロッパから、そしてアジアからロサンゼルスに立ち寄って次の場所に旅立っていくから、インターナショナルでもあるし、寂しいとも思わない」とトム。そんなローカルコミュニティに支えられた生活を送っている彼から、フーデッドパーカにスエットパンツのようなカジュアルが生まれるのは、当然のことなのだろう。

 鮮やかな色使いは、「毎日気温30度の開放的な街で暮らしていたら、自然とこうなるよ」と話す。なるほど、カラフルなコレクションではあるが、用いた色は基本パステル。ナイトクラブにもマッチするが、どちらかと言えば昼間、日焼けした肌にブルゾンをガバっと羽織り、オープンカーでドライブに繰り出す、そんなイメージだ。

 念願のアンダーウエアについては、「5歳になる息子の前で、裸でいるわけにはいかないから(笑)」と話す。穏やかな気候の下、家族とローカルコミュニティに支えられ、時々やってくる古くからの友人をロサンゼルスで出迎える——。「トム フォード」の18-19年秋冬メンズは、彼のハッピーな毎日から生まれている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「モンクレール」の新プロジェクトの全貌公開 藤原ヒロシら8人の個性が光る8つのコレクション

    企業タッグコレクション・レポート新ブランド・新ライン
  2. 伊勢丹130年の歴史で初めての「ヤバイ」出来事

    エディターズピック企業タッグ
  3. インスタで個性を生かすアカウントテーマの選び方と画像の作り方


    連載 目指せ未来のインフルエンサー
  4. 深夜に投稿すると効果減? インスタグラムで大事な投稿時間

    連載 目指せ未来のインフルエンサー
  5. モノを持たない時代、所有するモノに価値はあるのか

    シェアリング社会情勢
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false