フォーカス

世界の最新ビューティが一堂に会する「COSME TOKYO 2020」開催 日本初上陸コスメが多数登場

 リード エグジビション ジャパンは2020年1月20~22日に、千葉の幕張メッセで、「COSME TOKYO 2020(国際化粧品展)」を開催する。同イベントは、世界各国の最新コスメが集まる日本最大の化粧品専門展。バイヤーやディーラーが多数来場し、仕入れに関する打ち合せを行う国際商談展だ。また、原料や容器・パッケージに関する「化粧品開発展」、サプリメントや健康食品を扱う「美容・健康商品 EXPO」も同時開催する。

2万6000点を超える
最新コスメを展示

 8回目の今回は前回を上回る世界30カ国から340社が出展し、最新コスメなど2万6000点以上を展示する。新製品も多数登場し、ヒト幹細胞を使用したコスメやCBD(カンナビジオール)オイルのほか、乳酸菌のヘアケアや塗る脂肪溶解注射など、最新技術を用いたコスメに注目だ。

世界各国のパビリオンを展開

 同イベントは海外からの出展が多いのも特徴で、アジアだけでなく中東や欧州など国際色豊かなコスメを展示する。また、アメリカ、イタリア、フランス、カナダ、ポーランド、タイ、台湾、中国のパビリオンを設け、各国の特色が表れるビューティトレンドをいち早く発信する。

注目の日本初上陸コスメ

最も注目すべきは、日本に初上陸するユニークなコスメの数々。バナナ抽出エキスを配合したポーランドのルースパウダーや、頭皮ケアに着目したタイのオーガニックシャンプーなどナチュラルな素材にこだわったものから、フレグランス付きのイタリアのボディークリームなどをそろえる。世界各国のコスメを実際に手に取って体験できる数少ない機会を創出する。

最新事例を学べる
セミナーを開催

 3日間で全15講演行われるセミナーは、化粧品業界の最前線で活躍する人物や企業を講師に招き、販売戦略や化粧品トレンドをテーマにした講演のほか、サロン向けの講演も行う。特別講演には、三越伊勢丹の小宮仁奈子・執行役員MD統括部化粧品MD統括部長や、日本スキンケア協会の小野浩二代表理事が登壇する。

INFORMATION
国際化粧品展(国際ビューティ&ヘルス Week 2020)

期間:2020年1月20~22日
時間:10:00〜18:00(22日のみ〜17:00)
会場:幕張メッセ
住所:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
入場料:招待券持参者は無料(招待券がない場合は5000円)


問い合わせ先
リード エグジビション ジャパン
03-3349-8587