ビューティ

東欧最大の美容展示会で出合ったロシア発オーガニック化粧品 海外ビューティ通信モスクワ編

有料会員限定記事

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、7都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。

 モスクワで10月23〜25日、化粧品展示会「InterCHARM(インターチャーム)2019」が開催された。ロシア、CIS、東欧地域では最大級の美容イベントで、化粧品、ヘアケア、美容医療など幅広い分野の関係者が例年7万人以上訪れる。今回は31カ国から1152社が出展し、その半数近い556社が初参加だ。多くが旧ソ連圏や欧米の企業だが、今回はアジア圏のブースが目立ち、中国からは211社中175社、韓国からも98社中70社が初めて出展した。日本からはパソアパソ化粧品やリーブ21など17社が参加した。(この記事はWWDビューティ2019年11月7日号からの抜粋です)

 ロシアからの出展社は大企業だけでなく、自然豊かな地方の天然の原材料を利用する生産者や、近年登場したロシア発のオーガニックコスメ製造者など中小企業もあった。ロシアでは制度上中小企業が生き延びにくいのだが、欧米の経済制裁を受けて国や地方が国内産業支援策をとっていることや、またビオ食品やオーガニックコスメが国内に浸透して人気が高まり、ロシアが本来持つ大自然という資源を化粧品製造分野で生かしやすくなってきたことが重なり、事業者には追い風となっている。今回はそんな化粧品製造会社のうち3つを紹介したい。

この続きを読むには…
残り969⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら