ニュース

「ジェイ オブ ジンズ」が初のサングラス発売 鯖江の眼鏡職人が手掛ける最高の掛け心地

 ジンズ(JINS)は、ハイエンドライン「ジェイ オブ ジンズ(J of JINS)」初のサングラスコレクションを発売した。人気のウエリントン、ボストン、スクエアなど各モデルのリム(レンズまわり)へのアプローチが特徴で、奇をてらわず遊び心と色気をもたせた独特の存在感がある。素材はチタンとアセテートを使用。フレームと多彩なカラーリングのレンズとのコンビネーションが表情をシックにもポップにも演出する。テンプルの縦方向への調整が可能なヒンジ(蝶番)やチタンの鼻パッドは特許出願中で、眼鏡の産地・福井県鯖江市の職人技から生まれる軽い掛け心地は最高だ。デザインはユニセックスの8型4色で、価格は4万~5万円。

 「ジェイ オブ ジンズ」のブランド名は、“これまでの知見を結集した「ジンズ」の中の「ジンズ」”と“Japan”に由来する。“真価を見抜く、目を持つ人へ。”をコンセプトにした贅沢な逸品だ。

 東京・六本木ヒルズ4階ウエストウォークにある「ジェイ オブ ジンズ」のショップの内装は、マウントフジアーキテクツスタジオ(MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO)が手掛け、釘を使わないヒノキの校倉造りや左官仕上げの壁を取り入れた。特別な空間で、最高の一本を選びたい。
 

問い合わせ先
J of JINS 六本木ヒルズ店
03-3497-0227