フォーカス

日清食品グループ独自発見の乳酸菌配合 “内側から潤いを作らせる”美容ドリンク誕生

 日清食品グループはこのほど、独自に発見した乳酸菌配合の、“内側からヒアルロン酸を作らせる”美容ドリンク「ヒアルモイスト発酵液」を発売した。日清食品グループでは長年にわたって乳酸菌の研究を続け、市場ニーズに合った独自素材の研究開発を進めてきた。同製品に配合した「ヒアルモイスト乳酸菌」はその成果の1つで、乳酸菌の中でも、腸内環境改善とは一線を画すユニークな特性を備えている。それは、ヒアルロン酸を作る働きを高めるというもので、保湿に有効であることが分かっている。

飲むスキンケア「ヒアルモイスト発酵液」 
4つのポイント

 1つ目は「内からヒアルロン酸を作らせる働きを高める新アプローチ」。日清食品グループは50年にわたって、乳酸菌研究、そして免疫と老化防止研究を続けてきた。その中で、美容面で多くのニーズを満たす乳酸菌が見つかったことから「ヒアルモイスト発酵液」として製品化した。特許出願中の乳酸菌により、“内側からヒアルロン酸を作らせる”というまったく新しいアプローチのスキンケアを提案する。

 2つ目に「ドリンク1本の中身の約40%が乳酸菌液」であること。「ヒアルモイスト発酵液」には、ヒアルロン酸を作らせるヒアルモイスト乳酸菌を、1本(50mL)の中に20,000mg配合。ドリンク1本の中身の約40%がヒアルモイスト乳酸菌の発酵液でできているぜいたくな配合量を、食品メーカーならではのノウハウにより手に取りやすい価格(1本400円)で実現した。

 3つ目に「食品メーカーだからこその安全・安心と美味しさ」。食品メーカーとして安全・安心はもちろんのこと、毎日飲むことを考えた「おいしさ」を追求。人工甘味料を一切使用していないフルーティーな甘みに、程よい酸味を加えた甘酸っぱいピーチ味のドリンクに仕上げた。

 4つ目が「モニター試飲開始後10日間で96%が潤いを実感」したという結果。空気の乾燥が進む冬、乾燥肌を自覚する100人にモニターテストを実施した。1日1本ずつ飲んだ結果のアンケートで、2日目で37%、4日目で77%、10日目で96%が変化を実感したという回答が得られた。10日間の集中ケアで、スピード実感できるのが大きな特徴となっている。

特許出願中の成分
「ヒアルモイスト乳酸菌」とは?
6人の美容スペシャリストが
10日間集中使用した結果は?


問い合わせ先
日清食品
0120-993-557

あなたにオススメ