ファッション

小松精練がタマネギ由来の素材で16年度「グッドデザイン賞」を受賞

 小松精練は、廃棄物のタマネギ外皮から抽出した成分をベースに、様々な天然成分を配合し染色を可能にした素材「オニベジ(ONIBEGIE)」で2016年度「グッドデザイン賞」を受賞した。今回の受賞は、13年の超微多孔発砲セラミックス「グリーンビズ」、14年の日本道路と共同開発した超保水・透水性インターロッキングブロック「グリーンビズG」に続いて3回目の受賞だが、ファブリックとしては初めて。

 同社は、植物の廃棄部分から得られる植物成分の中から合成繊維の染色に適したものを見出すこと、そして効率的に染色するため合成繊維自体の性質を変えることの2点について、重点的に試験を行い、技術を確立した。通常、合成繊維は植物成分が固着しにくく、日光や洗濯などで色が落ちてしまうが、オニベジではその問題を解決。廃棄物であるタマネギの外皮を有効利用することで環境にも優しく、化学染料だけではできない自然な色の表現を可能にした。オニベジはタマネギ以外にもオリーブやワイン、竹炭、米などをテーマにしたさまざまなカラーバリエーションを表現できる。

 グッドデザイン賞の審査委員は、「天然成分の染料は通常、綿や絹などに用いるが、化学繊維までを対象にして自然な色合いを実現したことに技術的なイノベーションがある。小物だけではなく、インテリアに使われる素材への展開にも可能性がある」とコメント。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら