ファッション

【9月23日まで無料公開】伊藤忠が廃ナイロン回収へ ナイロンの資源循環を目指す【海の危機、私たちはどう動く?】

 伊藤忠商事は21年2月に世界的なリサイクルナイロンブランド「エコニール」を製造・販売する伊アクアフィルとの業務提携を発表し、①廃ナイロンの回収サポート②エコニール製品の販売③エコニールの新しい用途の開発に取り組んできた。22年3月には協働を進化・加速させるために、資本参画することを発表した。出資額は非公開。伊藤忠商事はナイロン原料であるカプロラクタム(以下、CPL)およびナイロンチップの貿易量が世界有数で、ナイロン循環リサイクルに関するビジネスの推進・拡大を目指す。

 廃ナイロンの回収は、伊藤忠商事が持つグローバルネットワークを生かし、日本だけではなく、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中南米など世界各国で進めており、現在10拠点以上で回収および協議を進めている。

 「エコニール」は使用済みの漁網やカーペット、プレコンシューマーの素材(製造工程などで出る端切れ)など100%廃棄物から作られるリサイクルナイロンで、解重合してCPLを再生するため、通常のナイロンと同等の品質を保持する。石油由来の通常のナイロンに比べてCO2排出量を最大90%削減できる。「エコニール」は環境配慮型素材として「プラダ」「グッチ」「バーバリー」といった有力ブランドが採用する。

 アクアフィルはすでに原料となる漁網はアクアフィルの提携パートナーやNGOと組み回収、プレコンシューマー素材は「グッチ」「ステラ マッカートニー」「スピード」などと提携し、回収を進めている。カーペットは米国で回収拠点を設けて回収スキームを確立するなど、ナイロンの資源循環を推進しているが、伊藤忠商事の営業網でさらに拡大していく。


【WWDJAPAN Educations】

【第2期】サステナビリティ・ディレクター養成講座
2022年9月30日(金)開講

 昨年初めて開催し好評を得た「サステナビリティ・ディレクター養成講座」を今年も開講。サステナビリティはこれからの企業経営の支柱や根底となるものであり、実践が急がれる事業の課題である。この課題についてのビジョンを描くリーダーの育成を目的に、必要な思考力・牽引力を身につける全7回のワークショップとなる。前半は各回テーマに沿った第一線で活躍する講師を迎え、講義後にはディスカッションやワークショップを通して課題を明確化し、実践に向けたアクションプランに繋げていく。

 また、受講者だけが参加できるオンライン・コミュニティーでは、「WWDJAPAN」が取り上げるサステナビリティに関する最新ニュースや知っておくべき注目記事をチェックでき、更に講義内容をより深く理解するための情報を「WWDJAPAN」編集部が届ける、まさに“サステナ漬け”の3カ月となる。
講義のみが受講できるオンラインコースも同時に受け付けています。


最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら