特集・連載

山田優が「イノアカラー」でツヤ&透明感あるベージュアッシュに変身

  ロレアル プロフェッショナルの「イノアカラー」は、スタイリストによる施術でプレミアムなヘアカラー体験を叶える。長年通うヘアサロンでベージュアッシュのヘアカラーに挑んだ山田優が、「イノアカラー」の魅力やスタイリストに寄せる信頼を語った。

ツヤのあるヘアカラーと
モノトーンファッションの共演

  今回の撮影は、山田が長年通い続けるヘアサロンSUNVALLEYのみち子がヘアカラーを担当。みち子は、用いた「イノアカラー」について「艶やかな質感を手に入れながら、日本人がヘアカラーをすると出やすい赤みや黄みをコントロールしてくれるのが魅力」と話す。ロレアル独自の先進テクノロジー、オイルデリバリーシステムがプレミアムなベージュアッシュを叶えた。ツヤのあるヘアカラー&スタイルを活かすべく、ファッションはモノトーンに。上の写真は、ヘアサロン同様、お客様とスタイリストのリラックスした関係性を表現している。

山田はサロンに
「絶対の信頼感と安心感」

WWDJAPAN(以下、WWD):お二人は出会って以来、毎月のように、家族ぐるみで付き合うくらいだと聞いた。

山田優(以下、山田):私が16歳の時からのお付き合いで、絶大な信頼を寄せ、絶対的な安心感を抱いています(笑)。無茶なお願いも叶えてくれる存在で、「こんなカンジに」を全部形にしてくれるんです。

渋谷謙太郎SUNVALLEY代表(以下、渋谷):「こんなカンジに」と頼まれると、自分の引き出しが次々と開き始めるんです。昔からなんでも似合うけれど、「カワイイ」より「カッコいい」の方が似合うよね。ヘアカラーなら、ハイライトは細かく入れるより大胆に入れたり、アッシュカラーも濃い目にしたり。昔は水色とか鮮やかなブルーにしたこともあったけれど、良く似合ってた。

山田:ヘアカラー、大好きだから(笑)。飽き性なところもあるし、人とカブるのが嫌い。気分もアガるので、私にとっては、なくてはならない存在です。とは言え仕事もあるので、カラーをするか・しないか、どんな色にするか?は、いつも悩みどころ。信頼しているので、いろんな画像を一緒に見ながら、「コレはどう?」って相談しながら色を決めるんです。ずっと一緒だったから、カラーリングもリラックスしながら受けています。

「こんなカンジに」が
「イノアカラー」は表現しやすい

WWD:今回挑戦したベージュアッシュカラーは、どんな風に話し合って決めた?

渋谷:リクエストを聞きながら、みち子がカラーを選びました。透明感のあるベージュは、彩度が高いので明るいカンジ。落ち着いているけれど、物足りなくはならない。ちょっと遊びたい気持ちも叶えてくれるカラーです。

WWD:この色は、「イノアカラー」だから実現した?

渋谷:表現しやすいのは、間違い無いですね。「イノアカラー」は、ツヤも出る。ヘアカラーを続けているとどうしても髪に負担がかかるけれど、「イノアカラー」はハイトーンを続けている髪でも負担が少ない印象です。

山田:ツヤは、私も感じました。昔からブリーチしたりヘアカラーをしたりすると、スタイリングするまで髪に元気がない感じでした。でも今回は、最初からツヤのあるスタイルに仕上がった印象です。

WWD:頼れるスタイリストと「イノアカラー」だと、ヘアカラーはもっと楽しくなる?

山田:この色だったら、仕事にも支障を来さずに楽しめそう。

渋谷:お客様からネタをもらい、そこからスタイリストが考えられる関係性があると、新しいヘアカラーやヘアスタイルは、もっと楽しくなると思います。

山田:私の周りにいる人は、みんなSUNVALLEYに通っているんです(笑)。そのくらい腕も、人柄も良い人が揃っている心地よいヘアサロン。本当にありがたい存在です。

渋谷:こちらこそ、山田さんみたいなお客様こそ、本当にありがたい存在です(笑)。

SNSでも影響力を持つ
iNOA GANG & ANGELって?

  オイルだからこそ実現するサロンでしかできないプレミアムなカラー体験を叶えるべく、「変わりたい」と願うお客様とコミュニケーションして、「イノアカラー」で「なりたい自分」を実現するのが、全国のトップサロンで活躍するiNOA GANG & ANGELだ。

問い合わせ先
ロレアル プロフェッショナル
03-6911-8321