フォーカス

人気美容師も参加する“部屋でヘアを楽しむ”新プロジェクト「#部屋WeGo」がスタート おうち時間をポジティブに!

 ヘアケアブランド「パンテーン(PANTENE)」は、外出自粛が続く中で少しでも髪を通して前向きになれるように、新プロジェクト「#部屋WeGo」をスタートさせた。同ブランドは、これまで“あなたらしい髪の美しさを通して、すべての人の前向きな一歩をサポートする”を理念に掲げ、一人一人の個性の尊重について考えるきっかけづくりを「#HairWeGo さあ、この髪でいこう。」キャンペーンを通して展開。同キャンペーンは過去に“画一的な就活ヘア”や“地毛証明書をはじめとした髪型校則”など、髪にまつわる問題に着目し、メディアやSNSを通して社会を前向きに変えるきっかけをつくってきた。

 そうした問題提起に対して、一般の人だけではなく美容師の間でも議論が生まれ、社会全体で大きな話題となった。特に美容師は、髪にまつわる悩みや葛藤で、前向きな一歩を踏み出すことができない顧客の声を直に聞く機会が多いからこそ、このキャンペーンに強く共感し、多くの想いを発信していた。そうした経緯から、今回、「パンテーン」は美容師と共にプロジェクトを行う。

 今、新型コロナウイルスの流行により、多くの人が一日を自宅で過ごすことが当たり前になる中、一人一人が髪を通して前向きになり、おうち時間を少しでも明るく過ごせるようにという願いから、“髪のチカラ”を信じるという共通の想いを持つ全国の美容師とタッグを組んだ。ブランドメッセージ「#HairWeGo」を、今だけは「#部屋WeGo」と#(ハッシュタグ)を変更して「#部屋WeGo」プロジェクトをスタート。今だからできる「お部屋で楽しむヘア」、「お部屋でできるヘアケア」や「ちょっと前向きになれるヘア」を全国から幅広く募集し、日本中のおうち時間を髪から前向きに、かつ楽しめるプロジェクトを美容師と共に展開していく。

“こんなときだからこそ、
ヘアで前向きになろう”

人気サロンが打ち出す
「#部屋WeGo」は?

 今回のプロジェクトに賛同してくれた人気ヘアサロン「シャチュー(SHACHU)」、「ゴールド(GOALD)」、「ラフ フロム ガーデン(Laf from GARDEN)」「アース(EARTH)」、「レコ(LECO)」の5サロンにはプロジェクトスタートを前に、「#部屋WeGo」プロジェクトへの想いを語ってもらうとともに、それぞれのサロンの個性を生かした「#部屋WeGo」なヘアを提案してもらった。身近なものを使用してすぐにできるヘアアレンジ&スタイリングなのでぜひ参考にして、プロジェクトに参加してほしい。

あなたもぜひ「#部屋WeGo」
プロジェクトへ参加してみよう!

 「#部屋WeGo」プロジェクトは美容師だけではなく誰でも参加可能。「お部屋で楽しむヘア」や「お部屋でできるヘアケア」「ちょっと前向きになれるヘア」など、自分のお気に入りのヘアをプロジェクトハッシュタグ「#部屋WeGo」をつけてSNSに投稿して、日本中のみんなと共におうち時間を楽しもう。他の人が投稿した「#部屋WeGo」も参考にして、こんなときだからこそいろいろなヘアに挑戦してみよう!

問い合わせ先
パンテーンカスタマーサービス室
0120-021-327