ニュース

フランス「バカラ」日本と出会い100年目の2020年に“喝采”を贈る“ブラーヴァ タンブラー 2020”販売中

 フランスのクリスタルブランド「バカラ(BACCARAT)」は、イヤータンブラー(年号入りグラス)の最新作“ブラーヴァ(BRAVA)タンブラー 2020”を販売中だ。

 イヤータンブラーは2010年から毎年販売されている人気のシリーズで、お祝いや記念のギフトとして需要が高い。特に卒業、入学、就職や異動など学校や職場にまつわる行事が多い3~4月には、人生の門出を祝福する大切な贈り物として選ばれている。

 “喝采”を意味する“ブラーヴァ”は祝祭の花火や拍手の歓喜のムードをクリスタルの輝きに表現したデザインで、熟練した職人技によるカットは繊細で華やか。伝統の技術力から生まれた澄んだ輝きは、「バカラ」ならではだ。タンブラーの底に今年の年号“2020”を刻み、価格は単品が6500円、2客セットが1万3000円。

 フランス・ロレーヌ地方のバカラ村で1764年に創設された「バカラ」は日本との関係も長く、今年その出会いから100年を迎えた。日本のライフスタイルに合わせて開発された“グラス ジャパン”を販売するなど、たびたび日本へのリスペクトを表している。今年は、“バカラと日本が出会って100年目のグラス”をキャッチフレーズに、日本市場の拡大にいっそう力を入れる。

 グラスだけでなくシャンデリアやビジュー(アクセサリー)など多彩なクリスタルアイテムを手掛ける「バカラ」は、手にする人のライフスタイルを晴れやかにするのが使命。
“ブラーヴァ タンブラー 2020”は、「バカラ」のクリスタル製品がトータルでそろうバカラショップ 丸の内をはじめ、三越、伊勢丹、高島屋、大丸など全国の百貨店の直営店で販売中だ。

問い合わせ先
バカラショップ 丸の内
03-5223-8868