1. 多様性で魅せる「アクリス」のジャケット

多様性で魅せる「アクリス」のジャケット

 スイス発の「アクリス(AKRIS)」のシグニチャーアイテムは多様性に富んだジャケットだ。3月にパリ・ファッション・ウイークで発表した2018-19年秋冬の最新コレクションでも多く登場した。「アクリス」をよく知る編集長やモデルの声を加えて、「アクリス」のジャケットの魅力に迫る。

 

2018-19F/W COLLECTION

 今季の着想源は、1900年代初頭のオーストリア・ウィーンで、女性の参政権や社会的地位向上のために立ち上がったサロニエールと呼ばれるインテリ層の女性たちだ。彼女たちが声を上げて時代を変えていったパワーと、従来のそれとは大きく違った女性像を作品に描いたグスタフ・クリムトやエゴン・シーレのアートからヒントを得た。キーカラーである青いロングジャケットとパンツのセットアップは、伸縮性のある着心地のいいコットンデニムで仕立て、白いステッチをポイントにした。アクリス発祥の地、スイス・サンガレンのレースをふんだんに使ったオフホワイトのジャケットや、大理石のタイルをパッチワークのように見立てたモノトーンの格子柄のジャケットなどもラインアップ。いずれも袖にファスナー付きスリットを施して、機能性を追求しながらも、着用する女性が着こなし方を自由に楽しめる仕掛けだ。クリーンなシルエットのテーラードと、ボールドな色使いを掛け合 わせ、女性の知性と強さを引き出した。
女性達が社会の変革を求めて再び声を上げている今、女性のエンパワーメントや自己表現の自由にあらためて注目し、賛美を贈るコレクションだ。

 

 

「アクリス」のジャケットの秘密

PHOTO BY KAZUO YOSHIDA
左:ブークレのジャケット(41万5000円)右:リバーシブルジャケット(34万6000円)

 「アクリス」のジャケットは、タイムレスな形や多様性、上質で機能性が高い素材使いに定評がある。テーラードからソフトショルダー、リバーシブルなどの種類豊富なスタイルをそろえる。ベーシックなスタイルからアート作品にインスパイアされたものまで、多様化する女性のライフスタイルに寄り添うジャケットを取りそろえる。

 

帝国ホテルプラザ店が
移転リニューアル

 「アクリス」帝国ホテルプラザ店は4月4日、2階から1階へ移転リニューアルした。外壁のファサードは、ブランドを象徴するトラぺゾイド(台形)シェイプがライトで浮かび上がる仕掛け。内装は白を基調にホースヘアを壁面に採用。限定商品にホースヘアを使用したアイコンバッグの“アイ”をそろえた。

 

SHOP INFO:
OPEN 11:00 〜19:00
ADDRESS 東京都千代田区内幸町1-1-1帝国ホテルプラザ東京1階/SPACE 74平方メートル
TEL 03-3501-2205

 

「アクリス」 公式ページへ

 

問い合わせ先
アクリスジャパン
0120-801-922

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    「MSGM」がキャプテン翼のアイテム披露 「イタリアではみんなが大好き」

    Created with Sketch.
    コラムアニメ・マンガ企業タッグコレクション・レポート
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true