NY発「ヴィヴィアン タム」が考えるアーバントラベラー

 「ヴィヴィアン タム(VIVIENNE TAM)」は2月13日(現地時間)、ニューヨーク・ファッション・ウイーク期間中に2018-19年秋冬コレクションを発表した。同コレクションはデザイナーのヴィヴィアン・タム(Vivienne Tam)自身のヒマラヤとチベットの旅からインスピレーションを受けた。

 

 今季は、「Unity(団結)、Wholeness(完全、円満)、Infinity(夢幻)」をキーワードに、ヒマラヤやチベットで出会った民族の結束感やカルチャーを表現した。精神が本質や真理に至るための図を描いたマンダラやチベット仏教の女神であるグリーンターラーのモチーフなどを刺しゅうやプリントなど、さまざまな手法で巧みに服に落とし込んだ。カーキやバーガンディー、ブラウンなどのアースカラーを多用した他、モンゴリアンシャーリングや伝統的なエンブロイダリーなどがアクセントになっている。

 

 ブランドの根源にある「アーバントラベラー(旅する現代女性)」も一貫して表現した。オリエンタルなタッチのフラワーを全面にあしらったロングドレスにカーキのトレンチコート、シルクドレスにダウンジャケットやユーティリティーベルトを合わせるなど、伝統的なスタイルをモダンにアレンジした。また、チュールのメッシュやテクニカル素材を用い、世界中を旅する女性にコンフォートとファッションを提供した。

 

 ヴィヴィアンは「今季はヒマラヤとチベットで出会った民族がインスピレーションの源で、彼らの民族としての一体感や思想に感銘を受けた。美しい景色や建築にもインスパイアされたわ。寒い地域なので、アウターウエアに注目した。今回のコレクションではプリントドレスなどのエレガントなアイテムの上にオーバーサイズのコートを羽織るなど、そのコントラストを楽しんでほしい。レッドやパープル、オレンジなどのビビッドな色の他、さまざまな素材や柄をミックスした」と語った。

 

 現在店舗では2018年春夏コレクションを販売中だ。同コレクションは、ヴィヴィアンのルーツである中国の山や川など、自然の風景をモチーフの他、空や水などを連想させるさまざまなトーンのブルー、コーラルピンクなどを用いている。シフォンのワンピースや風をはらむシアーなスカートなど、軽やかでエアリーな素材を多用し、まるで自然とたわむれているかのようなファンタジーな世界を表現。4月4〜10日、銀座三越の5階でポップアップショップを開催し、4日にはスペシャルトークショーを行う予定だ。

 

PHOTOS BY KOTARO OHASHI

 

 

問い合わせ先
マツオインターナショナル カスタマーサービス
0120-29-1951

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 三越 vs 高島屋「お江戸日本橋の百貨店戦争」 老舗は別々の道を歩み始めた

    コラム企業動向商業施設リブランディング
  2. PICKUP

    鍛えた体をきれいに露出 「トーガ」流健康志向のススメ

    コラムコレクション・レポート
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true