ビジネス

ロコンドが「マガシーク」を買収 圧倒的2位構想再び

ジェイドグループ(旧ロコンド)は2月29日、NTTドコモ子会社で老舗ファッションECの「マガシーク」を33億2600万円で買収すると発表した。NTTドコモが所有する75%のマガシーク株と、伊藤忠の25%の持ち分のうち3%、合計78%を取得する。ジェイドの商品取扱高はこの買収で、現状から倍増の600億円になるとしており、2018年に掲げた「圧倒的な2位グループ構想」(田中裕輔社長)を加速する。

「マガシーク」は伊藤忠商事の社内ベンチャーとして2000年にiモード公式サイトでサービスを開始、03年に株式会社化した、日本のファッションECの老舗サイト。06年11月に東証マザーズに上場したものの、13年3月にNTTドコモがTOBで子会社化し、同年7月には上場廃止していた。23年3月期は売上高が76億円、営業利益5300万円、純利益が0円。バランスシートは純資産34億5300万円に対し、総資産が72億2200万円。

ジェイドは国内での販売権を持つ「リーボック」でも伊藤忠とジョイントベンチャー(ジェイド66%、伊藤忠34%)を運営しており、伊藤忠との結びつきを深める。ジェイドは本日、田中社長が11ページに渡る株主宛のレターを発行し、その中で取扱高600億円の圧倒的2位ポジションを得たことで、「やっとスタートラインに立てた」として、中期目標に掲げる取扱高1000億円に向けた取り組みを加速する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。