ファッション

24年度「LVMH」プライズ、「コッキ」デザイナーがセミファイナリストに 応募数は過去最多の2500通超えで20組を選出

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、11回目となる2024年度「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE以下、LVMHプライズ)」のセミファイナリスト20組を発表した。応募数は過去最多の2500通超えで、賞金総額は80万ユーロ(約1億2800万円)。

同プライズは、18歳から40歳までの世界中のファッションデザイナーを対象とし、ウィメンズ、メンズ、またはジェンダーレスのコレクションを少なくとも2回以上発表していることを条件としている。これまで、マリーン・セル(Marine Serre)やグレース・ウェールズ・ボナー(Grace Wales Bonner)、「セッチュウ(SETCHU)」の桑田悟史らを輩出してきた。

今回のセミファイナリストは、メキシコやモルドヴァ、トーゴ共和国といった初選出の国を含む18カ国の出身だった。日本人の候補としては、メンズウエア部門で「コッキ(KHOKI)」デザイナーのアベ・コウキがノミネートされた。同ブランドは元々代表デザイナーを公開せず、東京を拠点とした若手数名によるデザインチームで構成されており、アベ=デザイナーについても詳しいプロフィールは非公開となっている。

グランプリ受賞者は賞金40万ユーロ(約6400万円)のほか、サステナブルな商品開発やコミュニケーション技術、著作権、企業法務、マーケティングや生産・財務管理などについて、LVMHチームによる指導を受けられる。準グランプリにあたる「カール・ラガーフェルド賞」と新たに設立された「サヴォアフェール賞」の受賞者は、賞金20万ユーロ(約3200万円)とLVMHチームによる1年間のメンターシップを受ける権利を獲得する。

技術継承の促進を目的とした「サヴォアフェール賞」は、優れたクラフツマンシップ、デザインや生産面におけるイノベーション、サステナビリティへのコミットメントなどが選考基準となる。デルフィーヌ・アルノー(Delphine Arnault)=クリスチャン ディオール クチュール会長兼最高経営責任者は、「多くの新進ブランドは、リサーチや高い美的レベルをアプローチの中心に据えている。同様の価値観を持つ同賞は、今日のファッションやラグジュアリー業界が注力するクラフツマンシップや技術革新、サステナビリティの重要性を強調するものだ」と話す。

セミファイナリストはパリ・ファッション・ウイーク中の2月29日と3月1日、ショールームでプレス関係者と審査員の前でプレゼンテーションを行い、8人がファイナリストとして選出される。オンラインで一般視聴も可能だ。

24年度「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」のセミファイナリストのブランド名とデザイナー名、国籍は以下の通り。

■ウィメンズ&メンズウエア
「アグボブリー(AGBOBLY)」/ジャックス・アグボブリー(トーゴ共和国)
「デュラン ランティンク(DURAN LANTINK)」/デュラン・ランティンク(オランダ)※ジェンダーレスも含む
「パオロ カルザナ(PAOLO CARZANA)」/パオロ・カルザナ(イギリス)
「フー ディサイズ ウォー(WHO DECIDES WAR)」/エバラード・ベスト、テラ・ダモーレ(アメリカ)

■ウィメンズウエア
「エレナ ヴェレス」(ELENA VELEZ)/エレナ・ヴェレス(アメリカ)
「ホダコヴァ(HODAKOVA)」/エレン・ホダコヴァ・ラーソン(スウェーデン)
「キャロライン・ヴィット(KAROLINE VITTO)」/キャロライン・ヴィット(ブラジル)
「マリー アダム リーナールト(MARIE ADAM-LEENAERDT)」/マリー・アダム・リーナールト(ベルギー)
「ポーリーン デュジャンクール(PAULINE DUJANCOURT)」/ポーリーン・デュジャンクール(フランス)
「スタンディング グラウンド(STANDING GROUND)」/マイケル・スチュワート(アイルランド)
「ヴォートレイト(VAUTRAIT)」/ヨナサン・カーメル(イスラエル)
「ヤ イ(YA YI)」/ヤイ・チェン・ゾウ(スペイン)

■メンズウエア
「オーベロ(AUBERO)」/ジュリアン・ルイ(アメリカ)
「カンピーリョ(CAMPILLO)」/パトリシオ・カンピーリョ(メキシコ)
「ジヨンキム(JIYONGKIM)」/ジヨン・キム(韓国)
「コッキ(KHOKI)」/コウキ・アベ(日本)

■ジェンダーレスウエア
チャンホン スー(CHIAHUNG SU)」/チャンホン・スー(台湾)
「ニコロ パスカレッティ(NICCOLO PASQUALETTI)」/ニコロ・パスカレッティ(イタリア)
「ポンダラー(PONDER.ER)」/デレック・チェン、アレックス・ポー(中国)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。