ファッション

30代富裕層を直撃 コロナ禍で富裕層は何をどう買っているか

有料会員限定記事

 コロナ禍2年目、日本の富裕層市場はバブル期を迎えている。その理由は、海外旅行ができず、富裕層による高額品の国内消費が増えているため。都内百貨店の宝飾担当は口をそろえて、「コロナ禍2年目の売り上げは昨年以上だ」と話す。コロナ禍で富裕層は、どこで、どのように買い物をしているのか。元モデルの30代富裕層、平山美春さんを直撃した。

 待ち合わせの都内ホテルに平山さんは、ピンクのパンツスーツで現れた。元モデルというだけありスタイル抜群、にこやかで高感度も高い。平山さんは、モデルとして活動後にフランス・パリ留学を経て2019年に実業家と結婚。今は夫の事業をサポートしている。コロナ禍では、日本でショッピングを楽しんでいるという。

WWD:年間、自由に使える予算は?

平山美春(以下、平山):特に予算はなく、欲しいモノに出合って気に入れば買うというスタンスです。ハイジュエリーなどの高額品は、夫と相談して購入します。

WWD:コロナ前はどれくらいの頻度で海外旅行に行っていたか?

平山:1〜2カ月に1回は海外へ行っていました。夫の仕事の関係もあれば、ファッションショーやグルメ、エステなど目的はさまざまです。行ったことのない場所へ行って、何か新しいことにチャレンジすることもありました。

WWD:海外でのショッピングは?

平山:2019年にイタリア・コモで挙式をしたのですが、挙式用のドレスを「ジバンシィ(GIVENCHY)」のオートクチュールと「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)」のアルタモーダ(イタリアのオートクチュール)で作りました。ジュエリーは国内で購入することがほとんどですが、「グラフ(GRAFF)」は日本からイギリスへ連絡してもらい、ロンドン本店で購入したことがあります。

この続きを読むには…
残り1183⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら